ダイエット薬シブトラミン在庫あり!通販・個人輸入代行

エイビスドラッグ の公式ホームページ ダイエット薬シブトラミン・メトホルミン・ゼニカルの個人輸入代行業者です。AGA(男性型脱毛症)治療薬のフィンペシアやミノキシジルタブレット ・ED治療薬・ダイエット薬など海外医薬品の通販・販売ならお任せください。

Q&Aでわかるダイエットの基礎知識

      2016/07/25

Q&Aでわかるダイエットの基礎

あなたは中途半端な知識や思い込みで、ダイエットをしていませんか? まちがったダイエット知識では、やせられるはすのものも、かえって太ったり栄養失調で半病人になるのがオチ。正しい知識を身につけてこ
そ、賢く効果的にぜい肉を落とすことができるのです。
急激に痩せた!と驚きのダイエット薬スリメックス(主成分シブトラミン)
↑こちらのダイエット薬も併用すると良いかもしれません。

Q.肥満とはどういうことですか

A.贅肉がつくなどというためか、肥満(=太ること)のことを肉がつくことと思っている人がいますが、これはまちがいです。肉ではなく、体に必要以上の脂肪がついた状態なのです。
この体脂肪のことを医学的には脂肪組織といい、皮下脂肪がその代表です。ですから、「体重が多い」=「肥満」とは限りません。スポーツで体を鍛えた人は、身長にくらべて体重が重くても、脂肪組織だけではなく筋肉の重さが大きな割合を占めているので、肥満とはいえません。逆に、見た目はそう太っていない人でも、筋肉が発達していなくて脂肪組織がとても多い場合は、肥満と考えることもあります。
ところで、とかく目のかたきにされがちな皮下脂肪ですが、
①寒さを防ぐ、
②外界からの衝撃から内臓を守る、などの大事な役目を持っています。また、女性であれば、適度な皮下脂肪は魅力的なプロポーションづくりにも欠かせません。つまり、ある程度の皮下脂肪は必要なものなのです。

Q.親が太っていると遺伝で子どもも太りやすくなるのですか?

A.肥満の遺伝については、さまざまな学説があります。太った両親の子どもが、太っている場合もときどき見かけられることもあって、一般に肥満は遺伝すると受け止められがちではあります。しかし、このように親と子の肥満の相関関係が高いのは、食生活のパターンや嗜好傾向、生活習慣が子どもに影響を与えているからだとも考えられます。つまり、一つ屋根の下で暮らすなら、食生活も当然似通ってきます。体脂肪のもとになる糖質たっぷりの食事、間食が多く、なんでも好きなものを好きなだけ食べてよしの環境、そのうえ外に出るより家でじっと過ごすのが好きとなれば、親子で、あるいは家族そろって肥満でも、ちっともおかしくはありません。太る素質をぐんぐん伸ばしているわけです。
肥満の遺伝子は見つかっていないといわれていることですし、もし、あなたが太った両親をお持ちなら、遺伝とあきらめないで、常に肥満に対して警戒心を持ち、食生活に注意することがたいせつです。

Q.子どものとき太っていた人はやせにくいって、ほんとう?
A.ほんとうです。脂肪組織はたくさんの脂肪細胞からできています。人の一生を通じて、脂肪細胞の数がふえる時期が、次に示すように3回あると考えられています。

①妊娠末期の胎児(妊娠中、母親が必要以上に太ると、胎児の脂
肪細胞がふえてしまうのです)。

②生後1年間。

③思春期。

ですから、乳幼児のころ太っていた人は、脂肪細胞が人より多く、その後も太りやすいといえます。事実、肥満している人の脂肪組織には、脂肪細胞の数そのものが多いタイプ(細胞増殖型肥満)と、脂肪細胞が肥大しているタイプ(細胞肥大型肥満)があります。
細胞増殖型肥満は、子どものころから太っていた人に見られ、脂肪細胞の数はI度ふえると減ることはないので、この型の肥満の人はなかなかやせることができません。これが、子どものころから太っていた人はやせにくいといわれるゆえんです。これに対し、細胞肥大型肥満に見られるような、青年期以降にふくらんだ脂肪細胞を小さくすることは比較的容易です。細胞肥大型肥満の人は努力しだいでやせることができるのです。

Q.食べても太らない人がいますが、それはなぜですか

A.いちばん大きいのは、食べたものの吸収率の違いです。食べても太らない人、いわばやせの大食いタイプは内臓下垂の人が多く、消化吸収にも時間がかかります。そのうえ、脂肪を分解する膜液や胆汁などの消化液を送る管も、細長くて分泌しにくいともいわれます。そのため、食事のあとは胃腸がもたれがち。その結果、1回の食事量は多いように見えても、1日を通してみるとそれほどたくさんの量は食べていないのです。
脂肪細胞の中でも、褐色細胞を持っている人も太りにくいといえます。この褐色細胞は、普通の白色の脂肪細胞と違って、エネルギーを蓄えにくく、逆に熱に変えて体外に発散させる働きを持つ細胞とされ、動物では確かめられています。
このほか、生まれつき、摂取したエネルギーが体温に変わりやすいということも考えられます。

Q.宿便をとるとやせるつて、ほんとうですか
A.宿便とは、本来、東洋医学あるいは自然医学で便われる考え方で、西洋医学には、このような考え方はありません。おそらく次のようなものと考えられます。小腸や大腸の内側の壁には、栄養分や水分を吸収するのに都合のよいように、たくさんのひだや突起があり、この部分に便となる食物のカスがいつまでもこびりついてとれない状態になっているものが宿便である、と。しかし、現実には腸の中にたまっている便というのはもちろんありますが、それがいつまでも宿って離れないということはなく、このことは医学的にも証明されています。
したがって、西洋医学の立場からは、やせる、やせないの問題の前に、宿便というものはありえないとしかお答えできません。

Q.筋肉がたくさんある人は太りにくいって、ほんとうですか?

A.ほんとうです。筋肉の多い人は、ここでは、ふだんから運動をしていて筋肉がよく発達していると同時に、体のさまざまな働きが活発な人と考えます。このような人は、じっとしているときでも基礎代謝が高く、摂取エネルギーをよく燃焼させるので太りにくいというわけです。

Q.同じ太るのでも特におなかに脂肪がつきやすいのはなぜ?
A.おなかの筋肉、つまり腹筋は、意識して使わないと衰え、脂肪組織におおわれてしま
いがちな筋肉だからです。腹筋だけでなく、おしりや太ももなど体の中心部は、年齢が増すにつれ運動量が減って筋肉が使われなくなり、これと比例して脂肪がたまりやすくなってきます。

Q.女性で思春期に太る人が多いのはなぜですか?
A.成長期でありホルモンのバランスがくずれやすい時期であることも理由の一つに数えられるかもしれません。つまり、思春期は、食欲が旺盛であると同時に、精稀的に不安定なため過食に走りがちと考えられるのです。もちろん個人差はありますが、これらの原因がからみ合って、肥満につながると思われます。

Q.中年太りや女性の更年期の肥満はなぜ起きるのですか?
A.中年太りは男女共通の悩みでしょう。その原因は、中年になると体自体が低エネルギーで働けるようになるため。男性の場合は、働き盛りで接待やつきあいなどがふえて食生活が不規則になったり、食事のバランスがくずれることも一因と考えられます。女性の場合は、家庭生活が安定し精神的にゆとりが出ることも一つの理由と考えられます。それに、中年になると男女ともに運動不足になりがちなことも見落とせません。
更年期に入ると、急に太る女性が出てくるのは確かです。これは、卵巣の機能が低下してホルモンの状態がアンバランスになり、新陳代謝が低下してしまいます。そのため、体の中に入った食物がうまくエネルギーとして燃焼されないで、脂肪として体内に蓄積されてしまうからです。

Q.女性はお産をすると、なぜ太るのですか?
A.妊娠出産後、太る女性が非常に多いのは確かです。中には、以前の体重より10kgもふえてしまう人もいます。その理由の一つはホルモンの変化のせい。出産時期は、さまざまなホルモンの作用で、胎児を発育させるために食欲が高まるのですが、産後は自然の摂理で元の食べ方に戻って、本来はやせてくるはずなのです。ところが、最近はそれがうまくいかない人がふえています。まず妊娠時にはずみがついて必要以上に食べる、産後も、体はおだやかな新陳代謝に戻っているのに依然として食べつづける、こうして結局は太ってしまうわけです。

Q.肥満はなぜ悪い?どんな病気につながるのですか?
A.太っていると体の動きが鈍くなり、疲れやすくなります。余分な脂肪組織もしっかり養わなければならないため、心臓にも大きな負担がかかり、動悸や息切れ、めまいなどの症状があらわれてきます。こんな状態が長くつづくと、動脈硬化を促進し、高血圧や心筋梗塞などを引き起こすことになりかねません。
また、太っていると高脂血症になり、高尿酸血症や胆石、脂肪肝などの肝佩能障害、糖尿病などの事態を招きがちです。
そのほか、体重が重いため、体を支えている腰に負担がかかって腰痛を起こしたり、足をねんざしたり骨折したりしがち。股ずれに悩まされる肥満者も珍しくありません。
女性特有のものとしては、卵巣機能異常による月経異常や月経不順、不妊症があげられます。最近では子宮ガンや卵巣ガン、乳ガンなども、肥満している人のほうがかかりやすいことがわかっています。
ある保険会社の調査によると、太りすぎの人の病死率は、普通の人より高いという結果が出ていますし、交通事故にあう確率も高いといわれています。
このように、太っていていいことはほとんどといっていいほどありません。たとえ現在は健康でも、太っていることは病気の原因を育てているようなものであることを肝に銘じてください。

Q.1日何食にすると、いちばんやせますか?

A.この質問の主旨が「何食に減らせば」ということであれば、答えはノーです。やせるどころか、かえって太ることにもなりかねません。これは、食事の回数が減り、間隔があくと、食べ物が補給されなかった場合に備え、食べたものを脂肪として体に蓄えようとする作用が働きやすくなるからです。また、「次にいつ食べられるかわからない」という防衛本能から、胃や腸の消化吸収能力が非常に高まることもあげられます。さらに、1食抜いた、という安心感がドカ食いを招きがち、という心理的頷回も見のがせません。
今度は逆に食事の回数をふやしたらどうでしょう。実験では、同じ量の食事なら、4回、5回と分散するほど太りにくいといわれています。ですから、ダイエットのためには、1日分の食事を多くの回数に分けて食べるほうが効果的というわけです。

Q.ご飯などの主食を抜き、おかすだけにすればやせますか?

A.やせられるかもしれません。ご飯やパンなどの主食は、糖質が多くの割合を占めています(お米の76%は糖質)。そして日本人の肥満の原因の多くは、糖質のとりすぎにあったとされ、しかも、糖質は体内に貯蔵されやすい栄養素だからです。ところで、糖質、タンパク質、脂質の3大栄養素のうち、いちばん早く燃えてエネルギーになるのも糖質です。ご飯やパンなどを食べないことで糖質が体に入らなければ、かわりに脂質やタンパク質が燃えて、エネルギーを補給しなければなりません。そのため脂質もタンパク質も体内に蓄積されず、やせることにつながるでしょう。
しかし、エネルギーの代謝を考えたとき、糖質が先に燃えてこそ、タンパク質や脂質も完全燃焼できるのです。いいかえれば、糖質には脂質やタンパク質の代謝を助ける働きがあるのです。糖質のかわりに脂質が燃えると、血液中にケトン体という物質がふえ、体によくありません。また、糖質をとらないと、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖を摂取できず、頭の働きが鈍ってきます。
つまり、体内での代謝を円滑にし、脳の働きを正常に保つうえで、糖質を毎日一定の量はとる必要があるのです。結論としては、ご飯やパンなどの主食類は、もちろんとりすぎてはいけませんが、健康的にやせるためには不可欠ということです。栄養のバランスを考え、糖質は1日最低100gはとるようにしましょう。
なお、食事のときにご飯かパンを食べると、適度な満足感が得られ、かえって間食をしないですむことも見落とせません。果物にも糖質が含まれていますが、同じ糖質であっても果物に含まれる「果糖」は吸収がよく、太りやすい糖分です。果物は、ご飯がわりにはできません。

Q.1日3食どおような配分で食べるとやせますか?
A.朝食と昼食はしっかりとって夕食は控えめに、というのが太らないための理想的な食事のとり方です。なぜなら、昼間は体の働きを活発にするために脂肪を分解するホルモンが分泌され、朝食や昼食でとったエネルギーがフルに使われるのに対し、夜は使われたエネルギーを補い次に使われるエネルギーをためるために、脂肪を体内に貯蔵するホルモンが働くからです。つまり、夜、食べたものは、体にため込まれて体脂肪になりやすいのです。たとえば同じ量の食事をしても、朝と夜とでは体脂肪のため込まれ方が全然違います。
実際、夜に食べていた量を朝に食べるようにしただけでやせた人もいるといわれます。また、皮遅い食事や夜食が、肥満の大きな原因のIつといわれるのも、このような体の働きによるものなのです。まさに「朝は王様のように、昼は女王様のように、夜は乞食のように」食べることが、健康的で、しかも太らない食事のとり方なのです。

Q.1ヵ月に10kgやせるのは危険でしょうか
A.非常に危険です。Iカ月で5kgも10kgも減量すると、体が急激な変化を受けるので、代謝異常を起こし体をこわす場合があるからです。よいダイエット法のポイントは、一度やせたら太らないことにあります。そのためには、よほど太っている人以外は、1ヵ月14ずつ、最大限2kgずつ減らすことです。これが、体に負担をかけず、あと戻りしないで減量できるペースです。食事の量も極端に減らす必要もないので、苦しい思いをせずにつづけられます。まちがっても1カ月の減量の極限である4kgを超えないようにしてください。

Q.ダイエットしているのに、なかなか痩せないのはなぜ?
A.一般に、減量を始めてその成果があらわれるまでの期間というのは、おおよそ肥満歴に比例するといわれます。つまり、長い期間かけて太った人は、急に太った人ほどは簡単にはやせられず、やはり長い期間かかるということです。
さて、低エネルギーの食事に切りかえると、確かに最初のIカ月はだんだんと体重が減りますが、2ヵ月目に入ると、あきらめたくなるほど減らないことがあります。これは、少ない摂取エネルギーで働けるように体が調節し始めるからです。しかし、あせりは禁物。体重が減る、しばらくは横ばい、体の調節が限界にきてまた減り始める……を繰り返すのが普通のパターンで、こうして徐々に体重は減っていきます。太るのに何年もかかったのですから、あきらめずじっとしんぽうし、気長にコツコツととり組むのが。ダイエットの王道です。

Q.繰り返しのダイエツトは、やせにくくなるってほんとう?

A.ほんとうです。一度ダイエットに失敗した体は。ダイエット慣れ〃を起こします。以前よりはダイエットの効果が出にくくなって、ついには最初のダイエットのころよりやせにくくなってしまうのです。
その理由はこうです。たとえば、1日2000kcalとっていた人が、ダイエットで1日1200kcalまで、摂取エネルギーを落としたとします。最初は、体もエネルギー不足と考え、必要な分を脂肪組織から補おうとし、その結果、体重は減っていきます。しかし、そのうち体が1200kcalの摂取エネルギーに適応するようになり、当然体重は減りにくくなります。同時に1200kcalで維持しようとする無理が体に出てきます。少し動いただけでも疲れやすくなったり、髪の毛が抜けたり、肌の張りが悪くなったり・・・・ これではまずいとダイエットをゆるめ食事量を少しふやし、1400kcalにしたとします。ところが1200kcalの摂取量に順応した体にとっては、ぶやした分の200kcalを効率よく使おうとせず、そのまま脂肪にしてしまうのです。こうして、ダイエット後に少し摂取エネルギーをふやすと太ってしまい、減量成功後、元の2000kcalに戻すと、そのエネルギー量に慣れるまで脂肪はどんどん蓄積されてしまうというわけです。
なお、心理的な。ダイエット慣れにも要注意。
「一度目は、あんなに簡単にできたんだから……」という油断で、二度目のダイエットが中途半端になりやすいのです。

Q.減量成功後、二度と太らないようにするコツは?
A.正しいダイエットをつづけた結果、めでたく目標の体重になっても、元に戻らないように、さらに太らないためのコントロールが必要です。ダイエット成功後、油断してはいけない期間は2年間です。特にダイエット成功後の半年間くらいは、気のゆるみがちな最も警戒すべき時期です。特に、とかく飲食の度が過ぎやすい、お花見、納涼会、クリスマスパーティー、忘年公、新年会などの誘惑に負けないこと。また、要注意期間である2年間は、攻撃的なダイエット意欲をけつして忘れないことが重要なポイントです。週に1〜2回、食べているものをチェックする日を設けます。そして太りそうになったら、体を動かしたり運動をふやすなどして、すかさず太る芽をつみましょう。

Q.顔とおなかの部分だけやせるダイエツト法はありますか
A.特定の部分だけを減量するダイエット法というのは、まだないようです。しかし、顔やおなかは、ダイエットを始めると、まずやせていく部分です。つまり、脂肪がつきやすいところは、やせやすい部分でもあるのです。たとえば、おしりの下、くびの後ろ、太ももの前と後ろ、胃の部分の前と後ろ、下腹と、気になる部分はおおむねやせやすい部分です。ですから、ダイエットで、プロポーションをかなりすっきりできる可能性はあります。そうはいっても、元がかなり太めなら、スリムに変身することは至難でしょう。

Q.スリメックスという食欲抑制剤があると聞きましたが入手できますか?

A.はい、こちらのサイトで扱ってます。
http://okusurikan.net/products/list.php?category_id=36

Q.ダイエツト中は揚げ物を食べてはいけませんか?
A.「油ものは太る」と思い込んで、ダイエット中に、油脂類をいっさいとらない人がいますが、適度の油は必要です。特に、植物油は、体に欠かせない不飽和脂肪酸が含まれる点で、栄養源として重要です。また、油をとらないと皮膚がカサカサになったり、腹もちが悪くなるので、すぐおなかがすいてイライラしがちになります。
とはいえ、油脂類の摂取は控えることが大事。天ぷらやフライは衣にたっぶり油を含むので、やはり避けたいもの。から揚げや素揚げのほうが吸収する油の量が少なく、おすすめです。自分で調理する場合、から揚げや素揚げにする素材は1ロ大に切らず、まるごと揚げると、吸油量を減らせます。また、いため物は、テフロン加工のフライパンを使うと、油の量を控えることができます。

Q.植物性の油は多くとっても太りませんか
A.太ります。サラダオイルなど植物性の油はさらっとしていてエネルギーも低いと思いがちですが、すべての食用油は1ℓあたり約8000〜9000』あり、種類によってエネルギー量に変わりはありません。とりすぎれば、当然太ります。

Q.お酒飲むと太りますか?
A.はい、必ず太ります

急激に痩せた!と驚きのダイエット薬スリメックス(主成分シブトラミン)
↑こちらのダイエット薬も併用すると良いかもしれません。

 - 未分類