ダイエット薬シブトラミン在庫あり!通販・個人輸入代行

エイビスドラッグ の公式ホームページ ダイエット薬シブトラミン・メトホルミン・ゼニカルの個人輸入代行業者です。AGA(男性型脱毛症)治療薬のフィンペシアやミノキシジルタブレット ・ED治療薬・ダイエット薬など海外医薬品の通販・販売ならお任せください。

ダイエットに良い生活習慣

      2015/09/05

ダイエットに良い生活習慣

新しい生活習慣をつくろう

ダイエットを成功させるひけつは、あせっていっぺんに痩せようとするのではなく、やせるための新しい習慣を身につけながら、ゆっくりとやせようとすることです。
問題は、やせるための新しい習慣です。自分の生活をふりかえって、太る原因になっているものをのぞかねばなりません。まず間食をやめることです。どうしても口になにかを入れたいときは、カロリーのないお茶や、砂糖をぬいた紅茶やコーヒーでがまんしてください。甘味のあるソフトドリンクなどは避けるべきです。
食事も夜寝る前のどか食いはやめて、朝・昼・夕の決められた時間に食事をし、夕食のあと少なくとも二時間以上たってから床につくようにしましょう。受験勉強などで夜ふかしするときも、夜食にカロリーの多いものは食べてはいけません。お茶や砂糖ぬきのコーヒー、軽いスナックでがまんしましょう。
三度の食事も、もう少し食べたいと思うところでやめる腹八分目がたいせつです。腹ハ分目とは人によってちかいますが、ふつうの大人で1600〜1800キロカロリー、成長期の若者では1800〜2000キロカロリーの食事に相当します。このとき、かたよった食品ばかりをとるのではなく、いろんなものをバランスよく食べることが必要です。
運動もたいせつです。ダイエットだけで運動をしないと、体重は一時的には減りますが、
あとで減らなくなります。そこで、日常生活のなかでこれまで以上に運動せざるをえないような新しい習慣をつくらなければなりません。通学や通勤でいままでのバス停より遠い停留所を利用するようにするとか、エレベーターをやめて階段をつかうとか、一週間に一度スポーツクラブにかようとかの新しい生活習慣です。
つまり、これまでの生活のなかで太る原因になっていたと思われるものをとりだし、それをなくしたり変える方法を自分なりに工夫し、時間をかけて気長に実行することがたいせつです。一ヵ月に二大ニキログラム体重か減るのを目標にすべきです。極端な減量をの
ぞんで絶食に近いダイエットをしても、そのような行為は長つづきせず、たとえ一時的に体重が減少することはあっても、またもとにもどってしまうのです。
急激に痩せた!と驚きのダイエット薬スリメックス(主成分シブトラミン)
↑こちらのダイエット薬も併用すると良いかもしれません。

体重日記をつけよう

太っている人に、食事のあと、なにを食べたのか味はどうだったかを聞いても、正確に答えられないことが多いのにはおどろかされます。これは食べることに無関心というより、
物事を認知する機構にゆがみかあるためだそうです。
坂田利家博士(大分医大)はおもしろい実験をしています。肥満している人とそうでない人にそれぞれブザーをわたし、五秒間だけブザーを押しなさいといいます。それぞれブザーを押すのですが、当然じっさいの五秒間とはずれています。しかしそのずれが、肥満している人のほうが大きいのです。しかも肥満者がダイエットや運動でやせてくると、このずれが小さくなるといいます。むずかしい言葉でいうと、肥満者の時間認知能のゆがみが
大きいということになります。ついそばにあるお菓子に手がのびたり、ダイエットに心がけているつもりなのに、どか食いをしてしまうという行動の背景には、認知のゆがみがあるといわれます。この認知のゆがみをなおさなければやせませんし、たとえいったん痩せてもすぐもとにもどってしまいます。
では、認知のゆがみをどうしたらなおすことができるのでしょうか。坂田博士は、おもしろい方法を提案しています。それは、体重日記です。毎日、起床直後、朝食直後、夕食直後、就寝直前の四回体重を測り、それをグラフに目盛っていきます。
太った人がこのようなグラフをつけはじめると、体重のばらつきが大きく、線が不規則です。しかし、このグラフを作ることによって、体重が増えた原因がなんであったかを
反省することができます。あのとき友だちとたくさんあまいものを食べたために体重が上がったなどと知ることができるのです。自分が日常生活のなかで知らず知らずのうちにおこなっている「太らせる行為」を自分で発見できるのです。発見したら、その行為をやめることをくりかえしていくと、体重のグラフが規則正しくなってきます。そうなると認知のゆかみもなくなり、いったん低下した体重がもとにもどることもなくなるのです。

カロリーを知ろう

ダイエットを実行するには、腹八分目で、1600〜1800キロカロリーを一日にとることをめざすといっても、食品にふくまれるカロリーを知らなければ、どんなものをどのていど食べればいいか、見当をつけることもできません。そこで、日ごろなじみの深い食べものについて、カロリーのおよその見当をつけることからはじめてみましょう。

カロリー早見表

カロリー早見表

 

ダイエットに適した食べもの

ダイエット中だといっても、なにがなんでもカロリーを減らせばいいというわけではありません。とくにタンパク質はとらなければなりません。タンパク質かないと、やせではなく、衰弱という病気になってしまいます。
肉類のなかでは、鶏肉、赤身の牛肉つまり肩やももの部分の肉が、脂肪が少なく高タンパクなので、ダイエットに適しています。霜降り肉のサーロインやバラ肉は、脂肪が多く避けるほうが無難です。豚肉もカロリーが多いといわれていますか、もも肉やヒレは脂肪分は少なく、ダイエットに適しています。
魚もタンパク質を多くふくむ食品ですが、たい、ひらめ、かれい、あじなど白身の魚は脂肪分か少なく、ダイエットにいいようです。まぐろのトロは脂肪分が多く、避けるべきです。いか、たこはコレステロールが多いということで敬遠されていますが、一〇〇グラム中にふくまれるコレステロールは鶏卵の半分以下で、それほど心配する必要はありません。それよりも、コレステロールを下げるタウリンというアミノ酸をふくんでいることや、ブドウ糖の腸管吸収を抑制するベタインがあること、さらにカロリーが少ない点で、ダイエットにふさわしい食品です。低脂肪・低カロリーのあさり、赤貝などの貝類もあります。
野菜類は、低カロリーでしかもビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富にふくんでいるので、ダイエットには欠かせない食品です。ほうれんそう、白菜、キャベツ、レタスなどは、100グラムのカロリーが10〜25キロカロリーにすぎません。食物繊維の多い野菜類はよくかまなければ食べることはできませんが、このかむことに重要な意味があります。かむことで、歯や口腔粘膜、味奮、咬筋からの刺激が満腹中枢にいたり、満腹感が早くえられるからです。
食物繊維といえば、これを多くふくむ海藻、きのこ類、こんにゃくは、カロリーが極端に低いノンカロリー食品であり、ダイエットに大いに利用しなければなりません。わかめ、ひじき、あおさ、浅草のり、もずくなどは、食物繊維ばかりでなく、カルシウム、カリウム、ヨードなどのミネラルやビタミンAとCを多くふくんでいます。しいたけ、えのきだけ、しめじ、まつたけ、なめこ、きくらげなどのきのこ類も、食物繊維のほかにビタミンB1、B2、ナイアシンや、紫外線の作用でビタミンDに変化するエルゴステロールをふくんでいます。

インスタント食品を食べるとき

即席ラーメンなどのインスタント食品は、わたしたちの生活に欠かせないものになってきました。しかし、手軽だからといって、そればかりをとっているとたいへんなことになります。
まずカロリーが問題です。即席めんは、一食400〜500キロカロリーもあるので、夜食などに食べていると、ついカロリーオーバーになってしまいます。さらに問題なのはビタミン不足です。ビタミンB1の不足でおこる、かっけは、もう過去の病気だと思っていたのですか、意外にも、最近若い人のあいだで増えているのです。しらべてみると、かっけになった患者の多くは即席めんをよく食べていたことがわかりました。インスタント食品
にふくまれる油は、保存しているあいだに酸化きれ、過酸化脂質になります。この過酸化脂質がビタミンB1を分解してしまうのです。
そこで、インスタント食品を食べるときには、ビタミンBを補給する必要があります。
ビタミンB1を多くふくむ食品には、豚肉、たらこ、赤貝、鶏肉、卵、ヨーグルト、牛乳などがあります。
同じ理由で注意しなけれぱならないものに、冷凍食品があります。肉や揚げものにふくまれる油脂は、冷凍中に氷に溶けている酸素によって酸化され、過酸化脂質ができます。
マイナス20度で1カ月冷凍保存しておくと、過酸化脂質が数倍に上昇します。冷凍することによって、腐敗菌の感染を予防することはできますが、油が酸化されるのを防ぐことはできません。そこで、冷凍食品を食べるときにも、ビタミンB1などを補うことが必要です。
冷凍食品のうちの半調理食品は、揚げものと蒸しものがほとんどで、植物油にくらべて酸化されることの少ない動物油が多くつかわれています。また揚げものは衣が厚くなっているため、油が多く衣に吸収され、高カロリーの食品になっています。いずれにしても、インスタント食品や冷凍食品については、カロリーの多い点、ビタミンやミネラルの不足する点を考慮して、バランスのとれたダイエットを心がける必要があります。

食べすぎのコントロール

ダイエットをしていても、結婚式やパーティなど、高カロリーの料理をとらざるをえない機会があります。夜にパーティが予定されているときは、朝と昼をひかえめにして、一日の総カロリーがオーバーしないように調整する必要かあります。
洋食のコースをぜんぶ食べると2,000キロカロリー近くにもなります。アイスクリームやポタージュ、ステーキの脂身のところは、食べるのはかまんし、コーヒーは、ブラックで飲むなどの工夫かたいせつです。和食のコースかでたときには、ダイエットにとって比較的好都合です。茶わん蒸し、酢のもの、さしみなどを食べ、赤飯、天ぷらなどは持ち帰ることができます。
立食式のパーティのばあいは、自分で低カロリーの料理を選べる点で便利です。しかし、このときも、できるだけゆっくり食べ、お皿をからにしない注意が必要です。皿をからにしておくと、周囲の人にすすめられたり、自分で料理をとりにいきたくなるからです。皿に料理をとるときには、オードブルやサラダなど低カロリーのものから選べば、すぐ満腹
になり、ダイエットに役立ちます。バターや泊をつかった料理は、高カロリーなので避けるようにしましょう。
せっかくダイエットを心がけていても、アルコールを飲みすぎては、もともこもなくなります。ところで、このように注意していても、食べすぎたり、飲みすぎたりすることがよくあります。しかし、あきらめてはいけません。その翌日、さらにその翌々日、低カロリーを維持して、余分にとったカロリーの収支のバランスをとるようにします。たとえ、このような収支バランスを計算通りとることができなかったにしても、そのように努力することに意味があるのです。この努力によって、肥満の原因になっていた食習慣を変えるきっかけが生まれるのですから。

お酒はやめたくない大人ヘ

「大人ってどうしてお酒を飲むのだろう」とふしぎに思ったことはありませんか。酒好きの大人にとっては、酒は気分をやわらげ、ストレスを解消してくれる点で、日常の生活に欠かせないものとなっているようです。しかし、ダイエットにとっては、アルコールはたいへん困ったものなのです。
まず、アルコールはカロリーがひじょうに高く、一グラムで七キロカロリーもあります。さらにアルコールは、体内で脂肪ができるのを促進します。脂肪の材料にはα‐グリセロリン酸とアシル補酵素Aがありますが、アルコールはとくにフグリセロリン酸の量を増やすのです。
これは最近わかったことですが、アルコールはまた別のかたちでからだに害をあたえるのです。アルコールを飲みすぎると、体内でアルコールに脂肪酸が結びついた油がつくられます。この油が心臓にたまると心不全を引きおこし、すい臓にたまるとすい炎の引き金になります。アルコールに脂肪酸を結合させるのは、いままでなんの役割をしているのかよくわからなかったエステラーゼという酵素です。
さらに、糖尿病の人がアルコールを飲みすぎると、すい臓からのインスリンの分泌をアルコールがおさえるため、糖尿病が悪化します。まとめると、アルコールは体内の脂肪合成を高め、肥満や高脂血症、動脈硬化を助長し、心不全やすい炎、さらに糖尿病を悪化させる、たいへん危険な飲みものということになります。
反面、ストレスを解消し、友だちとのつきあいをスムーズにさせる潤滑油になるという利点のあることも事実です。そこで、お酒の害は避け、よい点は大いに活用するためのうまいやり方を考えなくてはなりません。
まずカロリーを知ることが必要です。

酒カロリー

お酒のカロリー

 - 未分類