ダイエット薬シブトラミン在庫あり!通販・個人輸入代行

エイビスドラッグ の公式ホームページ ダイエット薬シブトラミン・メトホルミン・ゼニカルの個人輸入代行業者です。AGA(男性型脱毛症)治療薬のフィンペシアやミノキシジルタブレット ・ED治療薬・ダイエット薬など海外医薬品の通販・販売ならお任せください。

スリメックスと朝キウイダイエット法(実践編)

      2015/09/15

スリメックスと朝キウイダイエット法(実践編)

食欲抑制剤のスリメックス(シブトラミン)とキウイダイエットの併用で効果的にダイエットが可能。キウイフルーツは過剰な脂肪を燃焼させる?具体的なダイエット方法とは?

キウイについておさらい

バランスのよい成分が満載!
キウイフルーツ・ミラクルパワー
キウイフルーツには、生活習慣病の予防やダイエットに効果があり、私たちの健康に欠かせない多様な栄養成分と機能性成分がバランスよく含まれています。小さな一粒に秘められた、大きな力を、チェック!

消化酵素アクチニジン
キウイフルーツに含まれるこの成分は、肉や魚など動物性タンパク質の消化を助け、消化不良や胃もたれを防ぎます。また、アミノ酸の吸収、生成を活発にし、過剰な体脂肪を分解。シミまで改善してくれる優れものです。

ビタミンA、C、E
キウイフルーツには、ビタミンCとE、Aに変化するβ一カロテンが豊富に含まれています。3つは一緒に摂ることで本来の力を最大発揮する抜群の組み合わせ。活性酸素を撃退し、身体をさびさせなくさせる最強の味方です。

バランスよく豊富なミネラル
キウイフルーツは、エネルギー代謝を助け、メタボリックシンドローム予防にも役立つといわれるマグネシウムのほか、カリウム、カルシウム、鉄、亜鉛、リン、ナトリウムなど、体のバランスを整える各種ミネラル類が豊富です。

脂肪燃焼のモト
キウイフルーツには、過剰な脂肪を燃焼させて効率よくエネルギーに変えるカルニチンの材料が豊富に含まれ、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンCや鉄、生体ミネラル、必須アミノ酸類とともにダイエットを促進させます。

ファイトケミカル
活性酸素を取り除くポリフェノール類、消奏・殺菌作用や血栓予防効果がある緑の色素クロロフィル、免疫力UP
や美肌効果のβ一カロテン…キウイフルーツにはたくさんのファイトケミカル(植物由来の力)があります。

食物繊維が豊富
キウイフルーツには、可溶性と不溶性2種類の食物繊維が含まれています。
小腸での脂肪の吸収をプロックし、腸内の老廃物を包み込んで排泄。デトックス効果抜群で、便秘、肥満、動脈硬化、心筋梗塞予防に役立ちます。

「スリメックスと朝キウイダイエット」ってどうやるの?

「朝キウイダイエット」は、ほぼ普段通りの食生活にキウイフルーツを食べるだけ。
そんな楽ちんダイエットには、3つの基本ルールがあります。
3つの基本ルール
第1に、キウイフルーツを一日1〜3個程度食べること。
次に、スリメックスを1日1錠もしくは2日に1錠服用する。朝か昼に飲むことで、一日食欲を抑制してくれる。
そして、簡単な運動でOK、からだを動かすこと。

たった3つのルールだけですが、キウイフルーツのパワーを利用すれば、偏ったダイエットメニューや食欲を我慢することなく、実行できるのです。
キウイフルーツは円滑油
キウイフルーツは、からだを動かしてくれる円滑油のようなもの。からだが滑らかに、しなやかに健康的に動くように働いてくれます。
例えば、自転車の車輪を動かすとき、チェーンがうまく動いてくれないと車輪が回転しませんね。チェーンが錆びついていれば、機械油をちょっと差して滑らかに動くようにしますが、キウイフルーツは、ちょうど、この機械油のような役割を果してく
れます。
ダイエットは健康的なからだ作りに必要なこと。キウイフルーツは私たちの体がよろこぶ、たっぷりの栄養とエッセンスの宝庫なのです。

食欲抑制剤スリメックス(シブトラミン)通販サイト

「朝キウイダイエット」の快適な1日

ダイエットをするとココロに決めたら、さあ、さっそくスタートです。
ダイエットにしばられず、とらわれず、でもスリムな体をイメージして快適に過ごす、1日の流れを見てみましょう。
1日のスタートは、からだが目覚める「朝キウイ」から始めましょう!
甘酸っぱく、プチプチとした種の食感。鮮やかなエメラルドグリーンの果肉。キウイフルーツは味も見た目もさわやか。眠りから覚めたばかりのからだをスキッと目覚めさせてくれます。
昔からよく言われるように「朝の果物は全」。これは、朝の時間帯に糖分やビタミンを摂ると、効率よくエネルギーなどを補給をしてくれるという意味合いがあり、いよいよ活動開始だ、と快調にからだを動かしてくれる効果があるのです。
ですから、ビタミンA、C、E、食物繊維などが豊富なキウイフルーツは朝に最適。
消化吸収を良くして栄養素を効率よく摂るために、ゆっくりと、十分によく噛んで、時間をかけて食べましょう。

キウイフルーツと一緒に、グラスー杯程度の水分も補給

人間のからだの約60%は水分。大げさに言えば、からだがどっぷりと水に浸かっているようなもの。寝ている間にもからだの水分は蒸発しますから、その分を朝に補給しなくてはなりません。
水分は代謝を活発にし、酵素反応を円滑にする役目があります。キウイフルーツを食べるときは、一緒に水やジュース牛乳などで水分補給も忘れずにしてください。一気に急に飲むのではなく。少しずつ、味わいながらゆっくりと飲んでください。
キウイだけしか食べてはいけないの?
朝食を食べてもいいんです。でも、その量が問題。少し減らす工夫をしてみてください。
ダイエットだからと言って、キウイフルーツのほかになにも食べてはいけないということはありません。朝食をきちんと食べる習慣のある方、食べない方など、皆それぞれ食生活のスタイルを持っていますね。それをいっぺんに変える必要はないのですが、ただ一つだけ一度見直していただきたいのが、食べる量です。食べ過ぎてはいませんか?
ダイエットはしたいけど、朝食はやっぱり食べたいという方は、今、食べている量を少し減らしてみてください。トーストを1枚食べている方は半分にしてみる、ごはんならお茶碗に軽く7分目ほどにしてみるなど、無理のない程度に量を徐々に減らしていきましょう。減らした代わりに、キウイフルーツを、おかずヽとして位置づけてください。
それでもまだ物足りないと感じる?
整腸作用と美肌効果にも期待して、キウイフルーツに豆乳をプラスして栄養を補います。
糖質(炭水化物)やタンパク質などを滅らし、量を抑えていくと、どうしても物足りない、あるいは昼食までお腹が空いてしまうという方は、キウイフルーツのほかに豆乳をプラスしましょう。
豆乳は低カロリーなのに栄養成分がギュッと凝縮されていて、整腸作用や美肌効果も期待できます。糖質とタンパク質が同時に摂れるのもうれしいですね。
豆乳も噛むようにゆっくりと飲んでください。プレーンヨーグルトも腸内で善玉菌の働きを活発にしてくれるのでお勧めです。

キウイ単品じゃなくてもいい

基本はあくまでもキウイフルーツ。でも、物足りなければ好きなフルーツを加えても大丈夫です。
毎日、キウイフルーツだけでは何だか単調に感じて飽きてしまいそう。そんなときは、季節のフルーツをプラス。バランスよく栄養とカロリーが摂れるカキ、整腸の効果が期待できるリンゴなど、ほかのフルーツを足しても構いません。
毎日同じフルーツだと、変化に乏しくなって、ダイエットをするモチベーションが下がってしまうという方もいらっしゃるかもしれませんね。そんなときは、たまにリンゴだけ、カキだけ、というように変化をつけてみてください。
でも、基本はあくまでもキウイフルーツです。食べ合わせのルールは一切ありません。それでも昼食までにお腹が空くというときは、鉄分やカルシウム、ミネラルが豊富で、血糖値の上昇が緩やかな黒糖アメなどで空腹をしのぎましょう。

昼食は普段どおりでOK!

いつものように昼食を食べます。ここでしっかりと、バランス良く栄養を摂っておくことが大切。
ダイエット中だからといって昼食を極端に控えたりする必要はまったくありません。普段どおり、いつものように昼食を楽しんでください。むしろ、栄養のバランスが取れたメニューで、しっかりと食べましょう。ただし、その量はいくぶん控えめにすることが必須条件です。
もしも、忙しくて朝にキウイフルーツを食べられなかった方は、「昼キウイダイエット」として、昼に食べてもその効果が変わることはありません。
仕事先や学校でランチと一緒にキウイフルーツを食べれば、栄養のバランスも取れ、消化の手助けもしてくれますから、ぜひ、外出先に持参しましょう。
「腹八分目」はダイエットのキーワード
あと、もうちょっと食べたい、と思ったときが、「ごちそうさま」の合図です。
いつものように食事をしてもまったく構いませんが、注意点はひとつだけ。腹八分目を守るということ。
実は満腹感というのはお腹一杯食べたから得られるというものではないのです。よく噛んで、ゆっくり時間をかけて食べていくと、さほど多く食べなくても、もうこのくらいで満足かな、そろそろ満腹になってきたかなと感じられるものなのです。
昼食でも夕食でもダイエット中の食事で守ってほしいポイントの一つは、「腹八分目」です。スリメックス(シブトラミン)服用ですぐに満腹になります。

チョコもアメもOK。
甘いものをガマンしない。ちょっと口にすると満足できる、チョコレートでエネルギーも同時にプラスしましょう。
午前も午後もおやつがほしくなる時間帯があります。そんなとき、我慢は禁物。といっても、ケーキやアイスクリームなど食べたいスウィーツを好きなようにというわ
けにはいかないのですが、チョコレートなら2カケか3カケ程度。アメもミネラルが豊富な黒糖類などならまったく問題はありません。
黒糖は、四角にカットされたのも出ていますから、そのままアメのようになめてもいいでしょう。
おやつの優等生・ドライフルーツ
フルーツの恵みがギュッと凝縮され、持ち運びにも便利なドライフルーツをおやつ代わりにしてみてください。
フルーツを乾燥させるプロセスで栄養成分が凝縮され、少量でも栄養素はそのままのドライフルーツは甘みも増しています。もちろん、ナチュラルな甘み。少ない量でも糖分のほかに、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを、同時に十分に摂ることができます。
例えば、サラダやカレーに添えられている、おなじみのレーズンは皮ごとドライにするので、その栄養成分も驚くほど豊富です。鉄分やカリウム、とりわけフラボノイドが多いことで知られています。
甘く、香り高いマンゴーは、ビタミンAをはじめ、たくさんのビタミン群、β‐カロテンがたっぷり。このほかにもイチジク、ブルーベリー、プルーンなども豊富な栄養成分が含まれています。
ドライフルーツは外出先でもサッと取り出して食べられる便利さがあり、また、甘さが凝縮されていて腹持ちがいいので、ぜひ試してみてください。レーズンやイチジクなどはお酒のおつまみとしてもお勧めです。
目の前にあれば、ついつい手が伸びて・・・
おやつは目の前に広げておかない。食べる分だけ小分けにするのが、ダイエットおやつの流儀です。
甘いものを食べてもいいからといって、ダイエットを始める前と同じように目の前にお菓子やチョコなど山のように広げていませんか?
目の前にあれば、ついつい手が伸びて、一つ、また1つと口に運んでしまいます。
ダイエットをすると決めたら、1回に食べる量だけを出しておきましょう。
食べる量を減らしているのにダイエットの成果がないと嘆いている方がいますが、お料理をしながら、ちょこちょことつまみ食いをしているのをカウントしていないことが多いんです。
おやつも同じです。あと、ほんの1口だけ、が積み重なっていくことを忘れないでくださいね。

夕食は軽めに、早目にとるのがコツ

タ食を軽めにするのが、「朝キウイダイエット]効果を生かすコツでもあります。
食事の量と食事をとるタイミングは、ダイエット効果を左右するほど大切です。朝も昼も控えた反動で、夕食に度が過ぎるほど量を食べれば、せっかく始めた「朝キウイダイエット」効果も台無しになってしまいます。夕食こそ軽めを心掛けましょう。夕食のメニューに肉や魚類が出たときは、ここぞ、キウイフルーツの出番。キウイフルーツにはアクチニジンというタンパク質分解消化酵素が含まれていて、動物性タンパク質をスムーズに消化してくれます。お肉と魚類の料理にはキウイフルーツを酒
えていただきましょう。
夜遅くタ食を摂ってしまうと、就寝中に胃腸が消化活動を続け、快適な睡眠が得られなくなってしまいます。
食べたものが消化しきれないまま寝ることになりますので、便秘の原因になったり、翌朝、からだが重く感じるといった症状が出やすくなってしまいます。当然、ダイエットにもいい影響は与えません。

小腹が空いたときはフルーツを
遅くまで起きていると、やっぱりグウーと鳴るお腹。小腹が空くと寝付けなくなることもしばしば。そんなときは、夜食代わりにフルーツで、ちょこっとお腹を満たしましょう。ただ、食欲抑制剤のスリメックス(シブトラミン)を服用しているので、空腹感はほとんど来ないと思います。
夕食時間は一般的に、就寝の3時間前くらいに摂るのが理想と言われています。それぞれ習慣となっているタイムスケジュールがあると思いますが、できるだけ早目に夕食を食べ、寝る前にあまり胃などに負担をかけないようにしましょう。
ときには夜遅くに小腹が空いてしまうこと、だれだってあります。そんなときこそ、キウイフルーツでダイエット意識を盛り上げましょう。
または、クエン酸やペクチン、食物繊維もたっぷりのリンゴー個。量的にも食べた時に満足感が得られ、胃腸を整えてくれます。
パイナップルもおすすめです。疲労回復や消化を助ける効果もあり、クエン酸、ミネラルも豊富。缶詰ではなくフレッシュなものをできるだけ食べるようにしてください。キウイフルーツでもリンゴでも、フルーツなら翌朝、起きたときに胃が重くなることはないでしょう。

夜型の人のための、「夜キウイダイエット」

キウイフルーツは朝でも昼でも夜でも、そのパワーはまったく変わることがありません。一日中、続くんです。だから、夜型の人は、この「夜キウイダイエット」に、ぜひ、チャレンジしてください!
夜型の生活スタイルでダイエットは無理?
大丈夫なんです、夜型の人も。そんな人こそ、キウイフルーツを食べてください。
いつでも、あなたの生活スタイルで、起きたらキウイフルーツを食べる習慣をつけてみましょう。夕食は、なるべくなら、胃腸に負担の掛からない、麺類・野菜中心・豆腐など、消化のよいメニューで。そこに、キウイフルーツをおかずとして加えて、夜型のダイエット生活を乗り切って。
仕事などの関係で、どうしても夜遅い時間帯にしか食事がとれない場合は、揚げ物などカロリーが高く、消化しにくい食べ物は避け、日本そばや柔らかく煮込んだうど
んなどの麺類、お豆腐類、季節に出回っている旬の野菜などを積極的に取り入れましょう。あらかじめ、休日などにメニューを考えておいて、普段は、楽ちんで夕食を作ります。そうすると、面倒だから、菓子パンで終わりにしよう、とか、即席カップ麺でいい、なんてことは少なくなってきます。
簡単・便利な「お助けメニュー」を用意しておこう
できるだけ、食事は就寝時間の最低でも2時間前に終わらせましょう。そして、少なくとも休日は夜型を調整し生活リズムを少し変えてみてはどうでしょうか。1週間に2日間の休日だけでも実行してみると、体調も違ってくるでしょう。
あるいは、1日3食だったのを、朝と昼兼用のブランチと夕食の2食だけにしてみるとか、どうやったら全体量を減らせるかを考えてみましょう。
それと、夕食を準備する時間がない、というときに役に立ってくれる、簡単で便利なメニューをいくつか用意しておくといいですね。目的は一つ、「スリムになる」しかも「健康的に」です。
お粥やサラダがいい感じです
「お粥」はおすすめなんです。消化もよく、水分もたっぷり。体を温めてくれ、気持ちもホッコリします。白がゆでは物足りないという方はトッピングで変化をつけて。
ちりめんじやこやごま、塩出しをしたザーサイを刻んだもの、カリカリに炒めたシュウマイの皮を細かく散らしたり。香ばしさも増して食欲が満たされます。 ほかには、酒蒸しした鳥ササミと季節の葉物野菜を組みあわせて、簡単チキンサラダもいですね。ドレッシングはお手製で、レモンや酢に、少々の塩・コショウ、オリ
ーブオイルをひと垂らし。おしょうゆで和風にしたり、ラー油で中華風にしたりとバリエーションがききますので、ぜひ、試してみてください。
シンプルで消化がよく、小腹が空いたときにぴったりな軽食
●麺類……お鍋風煮込みうどん
ごくシンプルに、キャベツ、白菜、シイタケ、シメジなどのキノコ類やネギなどに、うどんを加えて煮込んだ簡単レシピ。普通のお鍋料理の肉や魚抜き、とイメージするといいでしょう。味はお好み。和風、中華風などダシで変化をつけてください。野菜は冷蔵庫にあるものを利用して。
●野菜メニュー……野菜たっぷり・ダイエットスープ
キャベツ半玉、玉ネギー個、セロリ2分の1本、人参2分の1本、トマトー個の材料をすべて食べやすい大きさに切る。材料がかぶる程度の水と、コンソメー個を足してコトコトと煮込む。材料に火が通ったら出来上がり。野菜とスープ、一緒にいただきます。
作り置きをしておくと、楽ちん。小腹が減ったときにスープカップー杯分ほど、食べるのもおススメです。

●豆腐……簡単湯豆腐
豆腐1丁を6〜8切りにして、和風ダシと一緒に煮ます。火が通ったら、1センチ幅ほどの斜め切りにしたネギを入れ、柔らかくなったら出来上がり。小鉢に盛って、
とろろ昆布を入れ、レモン醤油でいただきます。お好みで、大根や人参の薄切りを一緒に煮てもいいですね。
●ホット黒糖レモン
四角にカットした黒糖3〜4カケを熱いお湯で溶き、これにレモン汁1個分を加えて出来上がり。マグカップ程度の大きさがいいでしょう。引き始めの風邪に飲む、ホ
ットコーラのような味で、からだが温まります。黒糖やレモン汁の量はお好みで加減してください。

朝キウイダイエットの楽しみ方

「朝キウイダイエット」だからこそ、いつものように楽しめる食事やお酒。ストレスを感じさせないダイエット。しかも楽しい。それが「キウイダイエット」です。

お酒はリラックスするために食事と一緒に
晩酌の習慣がある方もきっといらっしやるでしょう。ダイエット中でも適量であれば、お酒は飲んでまったくかまいません。
お好みのお酒を食事と一緒に飲んでください。私は食事のメニューに合わせますが、ビールなら350ml一の缶ビールを1缶、ワインなら赤も白も好きなので、お料理に合わせてワイングラスで2〜3杯程度いただきます。
ビールはカロリーがあるから飲まないとか、赤ワインはポリフェノールが豊富だからとか、そのような理由でお酒を選ぶことはあまりしません。食事に合ったアルコール類で、好きなものをいただくんです。食事を楽しく、リラックスするために飲むのですから。
ビールのホップの香り、ワインの香りはアロマ効果があり、リラックスするのにいいんです。一日の疲れを癒し、楽しく食事をする方法の1つとしてうまく活用しましょう。

パーティーやバイキング料理も大歓迎

いつも、食事量を控えなくては、とばかり考えていると、大勢が集まる宴会やパーティーに出席するのが億劫になったり、旅行先での食事が面倒だなどと考え、せっかくの楽しい機会が台無しになってしまいます。それに、周りの人たちにも気を遣わせてしまいます。
大勢の人たちと一緒に食事を楽しむ、バイキング料理は、量は少しずつでも全メニューを踏破するつもりでいただくと、抑えているというストレスも感じませんし、食事するのが俄然、楽しくなります。
ダイエット中だからといって食べなかったりすると、周囲の方も楽しさが半減してまいます。みんなと楽しむときは楽しんでください。翌日に食べた分を調整するだけでいいのですから、宴会も旅館の豪華な料理も存分に味わってください。
何度も言うようですが、食事は楽しみの一つです。過度に食欲を抑えてばかりいると、それがストレスとなって精神的にもよくありませんし、ダイエットが続かなくなります。楽しむときは楽しむ。これもダイエットのキーワードの一つです。
記録をつけるとダイエットがグンと進む
毎日の体重をメモするとモチベーションが上昇します。簡単で、気軽なメモ方法を見つけてみてください。
ダイエットをしていることをきちんとした習慣にするため、ぜひ、毎日記録してください。何を食べたかを書くのではなく、体重をメモするだけでいいんです。
具体的な数字を書くことによって、その成果が現れているかどうかがはっきりとしてきます。たとえ500gでも波っていれば、よし、明日も頑張ろうという励みになります。
仮に、増えていても焦ったり、がっかりするのではなく、明日の夕食は野菜中心のメニューにしよう、と調整すればいいのです。
自分でコントロールしていると思えば、ダイエットに振り回されるのではなく、自分の意思で実行しているという、意識づけが強くなってきます。
私は、毎朝、服を着替えるときに体重を計ります。わざわざ体重を計るために着ているものを説ぎ着するのでは、面倒になって続かなくなります。ついでに計る、とい
うくらいの気持ちで実行してください。
記録はスケジュール帳の日付の下にメモします。ダイエット手帳を特別に用意する必要はありません。毎日、目にするもの、使うものにさっとメモする程度でいいんです。
キッチンに張ってあるカレンダーにでもOK。日記を付けている方ならその日の欄に書き込んでください。

具体的な数字を毎日記録して見ることが、食事や運動の調整、ダイエット継続への励みなどになってきます。ぜひ、実行してみてください。
自分の理想体重の目標を持つこともダイエットを続ける原動力になります。数字というより具体的な目標を掲げ、それをクリアする達成感がダイエットを進めてきたとも言えます。小さな目標をつぎつぎとクリアして、大きな目標達成はじっくり、ゆっ

理想体重などの大きな目標は1年から2年、と気楽に取り組み、決して焦らないこと。ゆっくりと前に進めばいいんです。
目標をクリアしたら自分にごほうびをあげる
このほかに、小さな目標をいくつか挙げておくのも励みになります。例えば、エスカレーターを使わないで歩くことを、まず3日間やってみる。それができたら、5日間、1週間と伸ばしていきます。
1ヵ月間続いたら、自分に今こほうび’をあげてください。前から欲しいと持っていたスカーフやアクセサリーなどの小物類などなんでもいいのですが、比較的、手軽に買える物がいいでしょう。クリアしたら買う、と決めてください。
これが半年、1年と継続できたときは、大きなプレゼントを自分に贈ります。ごほうびの効果は案外、効き目があるものです。

イメージトレーニングでワクワク感を味わう
ウエストがちょっとキックではけないな、と思っているお気に入りのパンツやスカート、ジーンズなどあるかもしれませんね。
それを時々、出してみて、これをもう一度着ている自分をイメージしてください。
イメージトレーニングです。スリムになった自分。肌がピカピカに光っている自分。
着たいと思っている服をスルリと着ている自分。そういったことを想像して、ワクワクする気持ちを忘れないでください。

「スリメックス・朝キウイダイエット」はノー・ストレス、楽しんてやるもの

ダイエットは修行ではありません。健康的できれいになるために、楽しく、生活スタイルを上手にリセットしているだけです。
ダイエットがまるで修行のように辛いものだと思っている方は案外、多いのではありませんか? 食欲をひたすら我慢して、あれを食べてはいけない、これを食べてはいけないなどと自分自身の心に重い負担をかけて、毎日ストイックに過ごしていたのでは、途中で挫折してしまいます。
また、偏った食べ物ばかりで、短期間で一気にやせようというのは健康を損なう可能性も高くなってしまいます。
その点、スリメックス・キウイダイエットは、キウイフルーツを一日1〜3個程度食べること・スリメックスを1日1錠か2日に1錠服用するを守って、基本的にバランスのよい食事を心掛けていただければいいんです。
少しずつ、少しずつ、無理なく、徐々にスリムになっていく。それが、キウイダイエットです。
やせなくちや、という心理的プレッシャーを抱えていると、食生活を楽しむことだってできなくなりますね。本来、ダイエットはそのようなものではなく、それぞれが食欲とうまく付き合う方法を見つけて、健康的できれいなからだを保つために行うものです。
食事や生活のスタイルを楽しくリセットし、その結果として、総体的にスリムになり、肌も美しくなっていく、というものなのです。

食欲抑制剤スリメックス(シブトラミン)通販サイト

 - スリメックス