ダイエット薬シブトラミン在庫あり!通販・個人輸入代行

エイビスドラッグ の公式ホームページ ダイエット薬シブトラミン・メトホルミン・ゼニカルの個人輸入代行業者です。AGA(男性型脱毛症)治療薬のフィンペシアやミノキシジルタブレット ・ED治療薬・ダイエット薬など海外医薬品の通販・販売ならお任せください。

スリメックス(シブトラミン)と朝バナナダイエット

      2016/07/25

スリメックス(シブトラミン)と朝バナナダイエット

 

有名すぎて、今更感ありますが、朝バナナダイエットは、朝忙しいビジネスマンにとって、手っ取り早いので意外とおすすめ。医学的にも根拠があり、体質改善を通して脂肪を減らす。スリメックスも、食欲を抑制する医学的根拠がありますので併用すると効果的。

朝バナナダイエットは、ガマンがいらない、お金がかからない、時間がかからないとダイエット実践者に都合が良いうえに、成功者が続出していたのも事実。

食べ物の消化時間はダイエットのポイント

朝バナナを始める前のマメ知識

朝バナナのやり方をくわしくご紹介する前に、みなさんに「食べ物の消化」についてちょっとお話ししておきます。大丈夫、難しい話ではありません!
これを覚えておいていただくことは、ダイエットをスムーズに進めるコツなのです。
みなさんが毎日何気なく食べている物は、その種類によって消化にかかる時間が違います。その消化時間の差を生かせば、食べる量は変えなくともタイ
ミングや食べ合わせを変えるだけで、ダイエットにプラスの効果を得ることができます!
そこに注目した方法が、この「朝バナナダイエット」です。
私たちは一般的に、1回の食事で同時に数種類の食べ物を取っています。しかし、消化にかかる時間と消化方法は食べ物によってこんなにもバラバラです。朝バナナが、朝にバナナと水だけの食事を勧めている理由はこの先で解説しますが、朝バナナの基本はこの「胃腸の消化時間]にあります。

消化の時間差

果物 15〜20分で腸で吸収

野菜 3時間

炭水化物 3時間

タンパク質 4時間

太る原因、最大の正体
ぜい肉は必要な肉だった?
どうして太ってしまったのか?人それぞれ原因はあると思いますが、その原因の裏には最大の黒幕がびそんでいるのです。その黒幕とは・・・ずばり疲労です!
疲労とは、体の中に老廃物がたまった状態です。その老廃物が肥満と深い関係にあるのです。
ダイエットの強敵、ぜい肉、それを減らしたいですよね?では、そのぜい肉はどうしてついてしまったのでしょうか?ガッツリ食べ過ぎたから?運動しなかったから?
そもそもぜい肉って何でしょうか?体に必要ないお肉?いいえ、実は違うのです。「ぜい肉=余計なエネルギー」ととらえるとカロリーばかり気にして食事が楽しめないなどストレスが伴い、ダイエットは難しくなります。
ぜい肉が増える理由は、体内に増えすぎた老廃物・毒素を封じ込めるためなのです。老廃物は主に排便によって体外に排せつされます。その便がスムーズに出ない、いわゆる便秘は、出ることのできない便が腸内で腐敗し、毒素を作り出してしまいます。その毒素は排便されないために行き場を失ない、どこか出口を探すために体内を循環します・毒素は血液かリンパ液の質を落とします。毒素は肌からも出ようとするため、肌荒れやニキビとして現れます。これ以上排せつ手段がないとなると、体は害のあるものが体内を循環しないように、循環していない、脂肪の中にどんどん封じ込めます。その結果増えた余計な脂肪が、ぜい肉なのです。
つまり、ぜい肉はあなたの体に必要だからついている!というわけだったのです。
では、ぜい肉が必要ない体とは、どんな体でしょうか?もうお分かりですね!
それは老廃物をきちんと排せつできる体です。
食べ過ぎや運動不足は、いくらかぜい肉が増えることに影響していますが、老廃物をきちんと出せるようにしていれば、多少食べ過ぎても太りません。
「一生懸命頑張っているのにダイエットがうまくいかない。ダイエットは難しい!」
そんな嘆きの声をしばしば聞くことがあります。
疲れをしっかり抜くことを怠れば、頑張るほど老廃物をためる結果となり、皮肉にも、頑張るほど太りやすい体質になりかねないのです。

やせられないには理由がある

疲労の原因を突きとめよう!
「ダイエット頑張っているのに、ちっともやせない……」
そんな悩みは、多くのダイエット実践者が抱えています。では、やせるはずのことをしているのに、どうしてやせられないのでしょうか?
肥満になる原因は先に述べた疲労ですが、疲労は、「運動して疲れた」「歩き過ぎで疲れた]「仕事忙しくて疲れた」など、体がダイレクトに感じる疲労から、普段気がつかない体の内側の疲労まであります。
疲労につながる主な理由をあげてみると、

食事系
ながら食ベ・ドカ食いの習慣・噛む回数が足りない・アイスクリームなど冷たいものを習慣で飲食している・食べる順序に問題がある(野菜を食べきってから肉を食べるのがお勤め)・深夜の果物以外の食事
特に、ながら食べやドカ食い、噛む回数が足りないことは胃が食べ物を消化するのにかなりの時間を要するため、胃腸が疲れます。
調味料の使い過ぎ・乳製品・カフェイン・フライドポテトやドーナツなどトランス脂肪酸の取り過ぎ
これらは肝臓で分解を必要とする成分であるため、取りすぎると肝臓が疲れてしまいます。
新鮮な食事を取る頻度が足りない・白砂糖の取り過ぎ
新鮮な食事を取ることで、酵素を補っています。酵素不足は体が苦しくなり、疲労を感じます。そして、白砂糖の取り過ぎはビタミンやミネラルを大量に消費し、体の代謝を下げてしまうため、老廃物が排せつしづらくなり疲労につながります。

身体系
運動のし過ぎ・夜型生活や睡眠不足・不規則な生活サイクル・全身の力を抜いてリラックスができない・深呼吸不足・姿勢が悪い・PCの画面など光を見ている時間が長く、小休止を取っていない、体をしっかりと休ませであげなかったり長い緊張状態が続くなどすると、身体的疲労がたまり体質が悪化して太りやすい体質となり、肥満につながります。

メンタル系
強いストレス(相性の悪い環境や相手と過ごしている、時間に追われている、借金があるなど)・悪い情報に注目しやすい・やりたいことをやる時間を作っていな
い・リラックスする方法が少ない・週1回以上自分の成長に役立つことをしていない・目標が何もない、目標を具体化できない・予定を自分で決められない・二面性が強い・よく怒る、イライラする・何度も同じことを言っている
ストレスで太ったと多くの方が言われています。ストレスを減らす必要があるにもかかわらず食事制限など、ますますストレスがたまることをしていませんか?
その他の生活習慣
水飲み不足・適量を超えたお酒やタバコ・便秘薬など薬を服用する習慣・大きなリバウンド歴が複数回(代謝がかなり下がっているため、ダイエット成功まで時間がかかる)
お酒やタバコの毒素は肝臓で分解されます。肝臓が休まらないことは、体質の悪化につながります。薬は症状を改善してくれますが、こちらも同様、体質を悪化させてしまう面を持っています。
当てはまるものはありましたか?この機会に疲労の原因を減らしましょう。急いで全てをやめることはありません。目標は1つずつクリアするものです。まず
は1つだけ「コレー!」と決めて、確実にクリアしましょう。自分を変えたければ、変わるためにジャマとなる習慣は捨ててしまいましょう。何かやめるものを1つだけに絞って取り組むと、案外ゴールは早く見えてきます。

スリメックスと朝バナナでなぜやせられるのか?

朝バナナの方法はもの凄くシンプルで簡単ですが、その中にはやせる理由がギュッと濃縮されているのです!
ダイエットで最も難しいことは、続けることです。多くの方がダイエットを始めても続かず、途中で諦めてしまいます。継続は力となりますが、その継続が難しい事なのです。
朝バナナは「続けることができる」という点を大切に考え、成功している予防医学から多くの情報を削りに削って、このようなスタイルになったのです。
どうすれば無理なく続けることができるか?それはまさに、冒頭でもご説明した「朝バナナダイエット3つのコンセプト]、ガマンがいらず、お金がかからず、時間がかからないことです。それならば誰でも続けることができるのではないかと考えました。
忙しい朝だからこそ、朝々にバナナ
朝の時間は、バタバタと忙しくないですか?バナナと水であれば、その忙しい時間を割くことなく、ササッと済ませることができます。何を食べるか考えたり、調
理したりする時間が省けます。冷蔵庫を開ける必要もなく、ついプラスで何かを取り出してしまうきっかけを防げます。
また、午前中にたっぷりの水分を取ることは、体内の循環を良くします。循環を良くしてあげることで、体内の老廃物を流してあげるのです。
そして水は胃腸や内臓が分解しなくても済むため、内臓に休息を与えることができ、その間に胃腸や内臓の機能を回復させることができます。
午前中は胃腸の消化能力が低いため、消化しやすいもの、または消化不要なものを食べるのが良いのです。
生の果物を食べることは水分補給の役割も果たしていて、それを午前中に行うことは健康・ダイエットにメリットが期待できます。
そして、なぜバナナなのかといいますと、先に述べたように、包丁を使って皮をむいたり、切ったり調理をしたりする手間がなく、ただ手で皮をむくだけで良いからです。また、バナナは果物の中でも特に栄養が豊富なことがあげられます。バナナには日常不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
その他にも、老化を防いでくれるポリフェノールやオイゲノールと呼ばれるファイトケミカルという成分が体質改善を促進、バナナ自体の消化酵素がスムーズに消化し、体内酵素を節約してくれて、疲労回復を助けてくれます。
そしてバナナの糖類は午前中に高い集中力を発揮して効率アップ、朝から甘いバナナをしっかり食べた結果、無理なく砂糖の摂取頻度・量を低減させる効果が期待できます。
さらに、こんなに栄養がたっぷりなのに安い。値段は多少差があるかもしれませんが、多くの地域で家計にやさしい値段で、季節に関係なく手に入ります。
昼でも夜でもなく。朝バナナ々がいい
ならば何も、朝じゃなくても良いのではないかと思われるかもしれません。よく昼バナナ、夜バナナではいけないのかとご質問いただくことがあります。
お昼は友達とランチ、夜は会社の飲み会というように、昼や夜では毎日「バナナ+水」を続けるのが難しくなってしまいます。まわりは好きなものを食べているのに、自分だけ「バナナ+水」なんてできるでしょうか?かなりのガマンが必要でしょう。その点、朝であればそういったイベントが入りにくく、安定して続けやすいというメリットがあります。
そして、朝のみバナナなので、その他の時間は好きなものが食べられて、食事が楽しいものになるでしょう。食べたいものをガマンしてストレスになってしまっては、ダイエットに逆効果です。
ダイエットは習慣で続けなければ良い結果を出すことが難しくなります。毎日無理をしないで続けることができれば、自ずと素晴らしい結果が出るはずです。
こうした理由から、朝バナナは「ガマンしない・お金をかけない・時間をかけない」スリメックスを服用していれば、すぐに満腹になるので夜も食べ過ぎない。
を徹底することで、多くの方が自然にダイエットを続けられるようになり、やせることにつながっていくのです。

朝バナナのメリット・デメリット

朝バナナは「無理なく10年続けられるダイエット」をモットーに考えられています。無理をしたあげく続かず、リバウンドしたり体を壊してししまったのでは元も子もありません。世の中には新しいダイエットが、それこそまるでファッションの流行のように、現れては消えてゆきます。どのダイエットを選ぶのかは個人の自由ですが、どんなダイエットにもメリット・デメリットがあることを理解しておかなければなりません。ここでは、朝バナナをもっとよく理解していただくために、朝バナナのメリット・デメリットをご紹介します。特に私は、朝バナナを実践することで次の。6つのメリットが得られるとみなさんに説明しておきます。

朝バナナ6つのメリット
1 十分な水分補給ができる体内の循環機能を良くします
2ビタミン・ミネラル・食物繊維が摂取できる不足しがちな栄養素を捕えます
3ファイトケミカルが摂取できる。抗酸化力で健康を維持できます
4消化酵素を摂取できる。バナナの酵素で代謝機能を活性化できます
5胃腸に休息時間を与えることができる。胃腸の機能回復を早められます
6果物の甘みで間食を控えられる。砂糖の摂取量を低減できます

朝バナナをするメリット

朝食の準備・片付けが楽
味覚が鋭くなり食事がおいしくなる
おやつは食べていい
飲み会OK(頻度・量は個人差有り)
自信が増す→姿勢が良くなる
やせる
視線が嬉しくなる
目覚めがいい
集中力が高まる
イライラしづらくなる
便秘解消効果が期待できる
むくみにくくなる
美肌になる
生理の調子が良くなる
健康診断で医師に褒められる

朝バナナするデメリット

朝食に制限がある
飲み物に制限がある
深夜は果物だけ
日付が変わるまでに寝なくてはいけない
バナナを頻繁に買わなくてはいけない

朝バナナをしないメリット

好き放題食べられる(種類・量・時間帯)
好きなものを飲める
夜更かしできる

朝バナナしないデメリット
疲れやすく、疲れが抜けにくい
足腰に負担がかかる
目覚めが良くない
集中力が低下しやすい
ダイエットしなきやと漠然とした焦り
自己管理ができないと思われる
外見で損をする
服選びが不自由
肌のトラブルが起きやすい
むくむ
便秘がち
生理痛が重い
視線が痛い→姿勢が悪くなる
現在または将来的に通院・治療の時間・
お金・痛み
健康診断で医師に脅される

朝バナナ効果の個人差

朝バナナの効果が出にくい方は、
●夜型の生活
●お酒やタバコがあまりにも多い
●常に疲労がたまっている
●薬を常用している
●強いストレスを感じている
●炭水化物を極端に抜いたダイエットを実践したことがあるというパターンが多いです。

朝バナナのやり方
朝バナナダイエットは本当にシンプルです。「これをしては絶対ダメー」なんていう禁止もありません。肩の力を抜いて、気軽に始めてみましょう!
①朝食に生バナナを単品で、よく噛んでよく味わって食べる。
本数は食べたいだけ食べます。基本はバナナですが、バナナの気分ではない日は他の果物でもOKです。ただし1度に1種類にしましょう。バナナを好まない方は、無理に食べないでください。朝バナナをスタートしてからバナナが好きになる方もいますが、好みでない方はバナナが向いていない可能性が少なからずあります。無理を感じないで、ずっと続けられる果物は何か探してみましょう。よく噛んで1種類で食べれば同じような効果が期待できます。バナナは栄養面以外に、安い・甘い・洗い物不要など楽に続けやすいため、最もお勧めしています。
どうしてもお腹が空いて追加で何か食べたい時は、バナナを食べた後15分〜30分空ければ何を食べてもOKです。ダイエットの効果を早く出したい場合はおにぎりなど、お米が理想的です。でも仕事などの都合でお米が難しい場合は、こっそりササッと食べられるアメをお勤めします。

②飲み物は水!こまめに飲む
朝バナナの時は常温の水を飲みましょう。バナナを食べた後15分〜30分時間を空けてからは何を飲んでもOKです。「1日2リットル」など、量の指定はありません。まめに飲むだけで、量を意識する必要はありません。量を意識すると義務的になって、ストレスになりがちです。
また、飲むものを水にすることで味覚改善も狙っています。味があるものを頻繁に飲んでいると味覚が鈍くなり、たくさん食べないと満足感が得られなくなります。最初は物足りないかもしれませんが、味覚が鋭くなると食事が今までよりもずっと楽しくなり、適量で満足感が得られるようになります。また、水は胃腸が消化や分解をする必要がないため、胃腸に休息を与えることができます。胃腸が休める時間を十分取るためにも、水分補給の基本は水にしましょう。食欲抑制剤スリメックスを服用すると食欲は減りますが、喉が乾くので、やはりこまめに水をとりましょう。
でも、たまになら何を飲んでもOKです。

③昼食は普通に食べる
昼食は好きなものを食べて構いません。よぐ噛んで、よく味わって食べてください。お昼を控えめにする方がいますが、食後に苦しくならない程度であれば、昼食は好きなだけ食べた方が1日の良いペースを作れます。昼食を控えめにして、お菓子をたくさん食べてしまっては、ダイエットには逆効果です。早く効果を出したい場合は和食をお勧めします。特にお米の割合をできるだけ多くして、おかずの割合を下げるのがポイントです。お米はおかわりしてもOKです。

④3時のおやつは食べてOK
食べたければ、毎日食べてもOKです。ただし食べ過ぎを防ぐために1日1種類にしましょう。量は袋1つなどでも構いません。チョコレートや和菓子がお勧めです。アイスクリーム、ドーナツやポテトチップスのようなものは、たまに食べるだけにしましょう。
たくさん食べたい時は、おにぎりなどお米を食べるようにします。どうしてもせいものを食べたいけれど結果を急いでいる方は、果物1種類にしましょう。

⑤夕食は早めに食べる
肥満になる原因の大半は夕食のタイミングです。朝バナナを実践しても夕食が深夜になってしまえば、効果はあまり期待できません。遅い時間帯に食べると、胃腸が活動中のまま就寝することになり、快眠できません。快眠できなければ疲れが抜けず、疲れが抜けないと体質が悪化していき、むくんだり、太りやすい体質となります。
早めの夕食ならば、たくさん食べても構いません。何を食べてもOKです。18時になるべく近い時間、遅くとも如一時までに食べる日を増やしましょう。それが難しければ、今までより30分でも早いタイミングで食べることを意識しましょう。
夕食後のデザートは習慣からは外します。スイーツを楽しむのは、習慣としては3時のおやつです。タイミングを変えて楽しみましょう。

⑥日付が変わるまでに寝る
遅くとも日付が変わるまでに寝る習慣を作りましょう。疲れを毎日きちんと抜くことがやせやすい体質を作ります。空腹で睡眠に入ることと、バナナの疲労回復効果で、より良い快眠が得られます。体質改善は快眠中に進みます。快眠を得なければ体質改善は難しいため、朝バナナの効果はあまり期待できません。仕事などの都合で夜型の方は、快眠時間を30分でも増やすために何ができるのか検討してみる価値はあります。仕事も大切ですが、健康を大きく損なっては、長続きしませんし、心身共に疲労が蓄積し続けてしまいます。

⑦運動はやりたい時にやる! しんどいことはやらない
標準体重を大幅に上回っている場合、特に膝にかかる負担が大きいです。激しい運動や長時間の運動を行えば、標準体重の人の何倍も負荷がかかり、故障するリスクが高くなります。運動は適度に行えば健康・ダイエットにプラスですが、苦しいと感じるのに続けれぱ、それはマイナスです。苦しいと感じるには理由があります。健康に良いことを体は苦しいと感じません。リフレッシュになる息切れしない程度の運動をお勧めします。
実は腕を上下にブラブラさせるなどの、カロリーが燃えそうもない簡単な動作がダイエットに大きな貢献をしてくれる可能性があるのです。

朝バナナダイエットは、自由度のかなり高い体質改善法ですが、朝にバナナを食べれば後はやりたい放題ではありません。

ポイント:朝食は朝にバナナを満腹になるまで食べ、飲み物は水。20時は夕食のタイムリミット。30分でも早いタイミングで食べる。24時までに寝る。

朝バナナ効果を出す秘訣

朝バナナを成功させる基本は、に寝ることです。
・食事をとるタイミングを守る
・日付が変わる前
朝バナナの基本的なルールは、胃腸の活動と連動しています。
午前中にバナナと水だけの単品摂取は胃腸の働きを最小限に抑えてくれて、胃腸の機能回復につながります。体温が高い日中は胃腸が活発で、胃もたれしづらく、多めに食べても太りづらいです。食べる量は変わらなくても、快眠時間や食事のタイミングによって、体質は良くも悪くも大きく変化します。
そして、20時までに夕食を済ませること。これは胃を空っぽにしたいからなのです。仕事などで夕食を食べるタイミングがない方は、ちょっとした休憩時間にサッとおにぎりなどを食べてはいかがでしょうか。また、週に1回だけでも早く食べられる日を作るなどの工夫も必要です。どうしても遅くなってから食べたい場合は、消化時間がとても短く快眠にほとんど影響しない果物をお勤めしています。
遅い時間の食事は、睡眠時間中にまで体を酷使することになります。胃腸が活動していると自律神経が休まらず、快眠できません。睡眠中なのに疲労が抜けない、そして老廃物が流れない……という悪循環に陥ります。なお、夜遅くに食べてしまったら、その分長く起きてなくてはいけないということはありません。そのための夜更かしは、疲労を増やしてしまい、かえってマイナスです。
就寝は日付が変わる前、24時までがタイムリミットです。これを守るのが、みな難しいようです。私たちの体は22時から2時にかけて修復作業が最も進むと言われています。
体質改善は特に寝ている間に進みますし、便は基本的に睡眠中に作られます。
仕事などで、どうしても深夜の帰宅になってしまったり、昼夜逆転の生活になってしまうことは修復作業を妨げ、体質を悪化させます。仕事などですぐに生活時間を変更できなければ、いつからそれを変更できるのか、相談すべき相手に要望を伝えてはいかがでしょうか。
夜型や不規則な生活は、残念ながら体質改善が非常に難しいです。朝バナナ効果を高めたいのならば、早めに夜型生活から抜け出す行動を起こす必要があります。

朝バナナと他の食べ物の組み合わせ

なぜ単品で食べるのがいいの?
果物の単品摂取は吸収が早く、胃腸に負担をかけません。午前中は胃を休めたいので、果物のみで食べることをお勤めしています。果物は消化酵素をふんだんに含むため、消化済みとして扱われます。そのため、果物は胃をスムーズに通過して腸で吸収されます。果物でも種類によって吸収時間が前後するため、1種類のみで食べるほうが効果的です。
もし肉や穀物と一緒に食べると、他の食べものよりも消化時間の短い果物が、必要以上に胃に待機することになってしまいます。そしてその果物は腐敗してガスを出すことがあり、体にはマイナスです。
また、朝食に穀物を食べた場合、午前中に胃腸を休める時間が+分に取れません。
1日あたりの胃腸が休まる時間を多くしてあげると健康にもダイエットにも○です。

果物であっても単品がいい
果物なら1種類ではなく、ミカンやリンゴなどいろいろ組み合わせてもいいのではないか、というご質問もよくいただきます。確かに果物は消化が良いですが、単品で取ることをお勧めしているのには理由があります。主な理由は次の2っです。
○消化しやすいこと
○組み合わせによっては思わぬマイナスになる可能性が指摘されていること
組み合わせについてはくわしいことがまだ分かっていないので、あまり勧めることができません。今日はバナナの日、ミカンの日など、日ごとに分けて食べて、果は維持しつつ、飽きない工夫ができると良いですね。

バナナと牛乳はダメですか?
バナナと乳製品の組み合わせに関するご質問を非常に多くいただきます。一般的に乳製品は健康にいいと言われています。汐かし、日本人で乳糖をきちんと処理で
きる人は、引用するデータによってばらつきはありますが、約20人に1人と言われています。その1人であれば、かなり太りづらいと予想されますが、ぼとんどの方
にとって、乳製品を頻繁に取ることはマイナスの要素になるという指摘もあります。ではこがのかわりに豆乳でも良いですか?との質問もありましたが、胃腸を休ま
せるという目的から、朝バナナの時はやはり、常温の水にしましょう。
大豆の栄養を取るのが目的であれば、納豆などを取り入れてはいかがでしょうか。
納豆は体質改善にプラスです。朝バナナの時に食べることはお勧めしませんが、昼または夜に納豆を取り入れるのは○です。
齢豆やキムチなどの発酵食品は健康にプラスです。取り入れるならば昼食や夕食、どうしても朝にというのであれば、朝バナナから少し時間を空けてから取るといいでしょう。

朝バナナに常温水が良いわけ
朝バナナの時に飲む水を常温で勧めているのは、体温よりも低い温度の水を飲むことで、体が発熱する能力を高める効果を狙っているからです。しかし夏に暑いからといって氷を入れたら、胃腸が冷え過ぎてしまいます。胃腸が冷えると、体調や体質の悪化につながります。体を冷やしたい時は外側から冷やしましょう。内側(内臓)を冷やそうとすると、病気に近づきます。
冬はお湯を希望する方が多いです。お湯飲みを勧める予防医学の情報があまりないため、お勧めはしていませんが、デメリットはほとんどないと思われます。どうしても体が冷えて辛い方は、朝バナナのあと、15分〜30分程度空けてから、あたたかいものを飲むと良いでしょう。例えば、ショウガを入れた紅茶などを飲めば、体の中からポカポカします。
水質的には、日本人には基本的に軟水が向いているようです。よくコンビニなどで見かける海外産のミネラルウオーターは硬質のものが比較的多いです。なかには超硬水のものもありますので、飲む量などに注意しなくてはいけません。また、常にミネラルウオーターを買い続けることは、お金もかかりますし、買い物が重くなり大変で、継続しづらいと思います。

体重の変化に関係する6つの要素

体重の変化を、ぜい肉と筋肉の2つで考えている方が多いです。筋肉は短期問では大幅に増減しません。

実は、日々の体重の変動には、筋肉や脂肪も含む6つの要素が大きく影響しています。
①水
人間の体の約7割を占める水。老化・免疫力・排せつに関係する大切な要素です。激しい運動などで汗をかけば一時的に体重は減りますが、その後の水分補給は必須
です。体の水分が減れば、血液ドロドロ、肌はカサカサになります。水は絶対に減らしてはいけない要素です。朝バナナでも重要な役割を果たしています。
血液ドロドロの状態は、体質悪化を進めてしまいます。運動、入浴、睡眠の前に水を飲んでおきましょう。血液ドロドロの状態になってから飲むのではなく、そうなることを防ぐため、事前に水分補給をしておくのがポイントです。

②便・老廃物
老廃物をスムーズに体の外へ出せないことは、肥満の原因です。ぜい肉は体外へ排せつできなくなった老廃物を体内で循環させないよう、いったん封じ込めるため
についたものです。肥満の方は便が少なからずたまっています。人によっては、10キロたまっていることもあるそうです。まずはこれを出さなければ、ぜい肉を減らすのは難しいでしょう。ぜい肉がついているのは、余分なエネルギーを持っていることよりも、余分な老廃物がたまっているためととらえています。

③消化・吸収中の食べ物
食べれば、その分体重は増えます。しかしそれはぜい肉に直行する増加ではありません。消化・吸収をして、正常な排せつができれば、数日でほとんど元の体重に戻ります。余計に食べたら、その分出す。年齢と共に少しずつ衰えますが、本来、体はこの機能を持っています。

④筋肉
正しいトレーニングをすれば筋肉は増え、体重もその分増えますが、成長期を終えた年代では大幅な筋力アップは難しく、また、生活で使用しない筋肉は維持するためのトレーニングを続ける必要があります。筋肉が1キロ増えると、基礎代謝は約30キロカロリーアップします。
炭水化物を抜いたり、極端に減らしたりすれば筋肉は落ちます。筋肉を減らしてでもやせたい方も一部にはいらっしやるようですが、免疫力低下・イライラ・うつ・肌荒れ・脱毛・生理不順・不妊症などのリスクがあります。ダイエットとはやせるだけのものではなく、より健康になるためのものです。

⑤脂肪
余計な脂肪であるぜい肉を落とすことがダイエットの目的です。それを落としたければ、まずはたまった老廃物を出して、快眠を得る必要があります。そのうえで、有酸素運動をやりたかったらやりましょう。有酸素運動について誤解されている事が多いのですが、運動といっても息切れするような状態は、酸欠で有酸素運動になりません。脂肪は酸素と糖がないと燃えません。不完全燃焼している時は、苦しく感じ、脂肪ではなく酵素などを大量に消耗して体重を落としている可能性があります。運動はやればやるほど、脂肪が燃えるわけではありませんし、無理は健康・ダイエットにプラスではありません。脂肪を燃焼させたくて長時間運動する方がいますが、無理をしている時、脂肪は燃えていませんので、運動はやりたい時に、やりたいだけで構いません。

⑥免疫力・酵素
生命維持に強く関係するため、極端に免疫力、酵素が減ることを体は嫌がります。体が嫌がるというのは、苦しく感じることです。苦しいと感じさせて、やめるように警告を出しているのです。免疫力や酵素が低下すると、短期間で面白いくらい体重は落ちますが、これらは生命維持に強く関与するため、続けないように体が「苦しい」と感じさせて、ストップさせる指令を出します。この「苦しい」と感じさせる期間は、体重が元に戻っても続く傾向にあり、この指令が出続けることがリバウンドの原因になるのです。
このように体重が減る際、減らしてはいけない要素が減ってしまっている可能性があります。体重が減ったからぜい肉が減ったとは限らないことを意識していただ
き、今減った分、または増えた分はどの要素なのかを考えてみると良いでしょう。
ぜい肉は1日で大幅な増減はしないため、体重は1週間前との比較など、期間を広げて変化の傾きをチェックすることをお勤めします。今の習慣を続けると、1週間後はどうなっているのか予測できるようになると良いですね。

朝バナナは予防医学から生まれた

ダイエットに医学?何やら難しそうな気がするかもしれませんが、せん。難しい言葉などはいっさい出てきません。
ご心配ありま予防医学とは朝バナナダイエットの原点の1つです。朝バナナダイエットは数ある予防医学の中から、多くの方が実践しやすくダイエットの成功に必要な部分だけを抽出しています。
その中から、重要な部分を簡単にご説明いたします。
●水飲み
予防医学の中でも特に水飲みは基本になっています。
水を飲むことで老廃物排せつが促進され、老廃物が抜けることでぜい肉が落ちます。また、水飲みはリラックス効果があります。
水が腸を刺激することで脳が休まり、交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれます。これによって必要以上に食べてしまうことを防ぎ、集中力の回復や疲労・ストレスの発生を抑えてくれると言われています。
《頻度と量》
1日に飲む量、1回あたりに飲む量の指定はありません。こまめに飲むものを水にします。たくさん飲む必要はありません。水も大量に飲み過ぎると、健康・ダイエットにマイナスです。飲みたいと感じる量を飲むことが大切です。
《タイミング》
・起床時
日付が変わるまでに就寝すれば、寝ている間に体中の老廃物は処理され、便が作られます。その処理の間に大量の汗をかきます。その水分を補給するため、起床時にまずはコップー杯程度の水を飲みましょう。
・昼食・おやつ・夕食の前に。これはリラックス効果を狙っています。すぐにできるリラックス方法をこまめに実践することで、ストレス解消に、食を使う頻度・量が軽減します。
・入浴前
湯船に入っていると、なかなか気づかないものですが、入浴中は大量の汗をかきます。あらかじめ水分補給をしておきましょう。
・就寝前
特に快眼中は老廃物の処理がスムーズに進み、汗をたくさんかきます。水分不足は老廃物処理がスムーズに進まない原因となります。睡眠中に水分補給はできないため、就寝前に飲んでおきましょう。
《水の質・種類》
日本人には基本的に軟水が向いているようです。日本の水進水は軟水ですが、水道水は殺菌のために塩素が含まれています。そのまま飲めば体の中の良い菌まで殺菌されてしまい、体質悪化につながります。
日常の飲用に水道水を利用するなら、が水器を通すといいでしょう。浄水器を通して飲む水はまろやかで、とてもおいしくなります。
また、水には味が無いので味覚改善効果も期待できます。

●調味料
予防医学は野生動物の習慣を見習っています。
野生動物は調味料を使っていないということで、ヒトも調味料の使用を控えたほうが良いという考え方があります。
が味料はたくさん使えば使うほど、味覚を鈍くしてしまいます。味覚が鈍くなればなるほど、よりたくさんの食事をしなければ、満足感が得られなくなってしまいます。お腹が張って苦しいくらいなのに、まだ食べたいと感じるのは、味覚が鈍くなっていることが影響していると思われます。食べた量と満足感を一致させるためにも、調味料は控えめにしましょう。調味料の分解は、肝臓に大きな負担をかけます。
肝臓の負担を軽減させると、体質改善はよりスムーズに進みます。
●単品摂取
単品で食べたら栄養バランスが悪いのでしょうか?単品摂取を実践していないのはヒトだけです。どうしてヒトだけは単品で食べないのでしょうか?他の動物たちは単品で食べて、高い健康を維持しています。ヒトだけが単品摂取NGであるというような、遺伝子的な違いは見つかっていないようです。単品で食べることで、スムーズに消化・吸収が進みます。内臓が働く時間を短くすることで、体質改善に割り当てる時間を増やせると言われています。
●お粥
お粥は水分をたっぷり含んだ炭水化物であるということで、胃腸の負担が軽いと言われています。
ダイエットが停滞したり、体調がいまいちなら水分が多く、消化しやすいお粥がお勧めです。
毎日食べる必要はありませんが、ここぞと言う時には、効果てきめんです。お粥のメリットは、作りたてのお粥のみで食べた時に最大限に発揮されます。おかわりは自由ですが、おかずを食べるタイミングをずらすと、得られる結果は大きく変わります。
また、冬の乾燥した時期は免疫力が下がりやすく、風邪をひきやすいです。風邪をひく前にお粥を食べると良いですね。体の中からも温まります。

朝バナナQ&A

Q:冷凍や焼きバナナでも大丈夫?

A:果物に含まれている酵素は高い熱を加えると壊れてしまうため、加熱調理はお勤めしません。バナナを冷凍しても酵素は壊れませんが、胃腸を冷やしてしまい、それは太りやすい体質作りにつながります。

Q:コーヒー、お茶、野菜ジュースとバナナじゃだめ?

A:コーヒーやお茶は高い利尿作用があるので、体の水分を減らしてしまいます。保温力を下げるため、頻繁に飲むのはお勧めしません。市販の野菜ジュースは、高熱処理で酵素がなくなっていること、カクハンして酸化していることなどから、私はお勧めしません。また、味のあるものをこまめに飲むと味覚が鈍くなり、ドカ食いしやすくなります。飲む時は、バナナを食べ終わって15分、できれば30分置けばOKです。朝バナナ効果の点からも、やはり常温の水がベストです。

Q:バナナは何本食べてもいいの?

A:バナナはよく噛み、よく味わえばお腹いっばいになるまで食べても構いません。私は最初4本くらい食べていました。食べる本数は自然に減ってくることが多いです。適量とは、その日に食べたいと感じる量です。後から食べたい時は、アメやおにぎりでもOKです。靭バナナの後15分、できれば30分は時間を空けることをお勧めします。

Q:何を食べてもいいの?

A:はい。よく噛んで味わい、唾液をふんだんに含ませてから胃に送ること、食後のデザートはイベント以外では食べないこと、これらを心がけています。昼食や間食、1日の食事量より、夕飯を何時に食べるかがダイエットに与える影響が大きいです。朝バナナは制限が少ないため、ドカ食いされる方がいますが、食べる量は後で苦しくならない程度にしましょう。ドカ食いする方は、ストレス解消に。食心を使っている可能性があります。水飲みや深呼吸など、ストレス解消の選択肢を増やすと良いですね。

Q:痩せないんだけど

A:効果が出るまでの期間は、個人差がかなりあります。太りにくい体質になるまでは結果が出なかったり、保温力が上がって、1〜2キロ増えることもありますが、体質改善が進むにつれてやせてゆきます。増えたのは大半が、体にとって本来必要な水分です。体重が仮に増えても、まずはトコトン体質改善に集中することをお勧めします。なお、喫煙やお酒、乳製品、砂糖、カフェインを頻繁&大量に摂取している場合や、睡眠不足、ストレス、大きなリバウンド歴がある場合も結果が出にくいです。

Q:運動しなくて大丈夫?

A:朝バナナで体質改善すれば自然に贅肉は落ちます。運動は、やりたい時にやればいいです。

Q:低血圧でも大丈夫?

A:低血圧でも高血圧でも適正な血圧に調整する効果が期待できます。

Q:炭水化物は抜いたほうがいいのでは?

A:炭水化物を極端に抜くと、短期間に体重が落ちることがありますが、肌荒れや便秘など体質悪化を伴う場合が多いです。女性の場合、ホルモンバランスを崩して、生理不順や不妊症になったという報告もあります。お米にはビタミン・ミネラル・食物繊維が含まれています。スチーム加熱ならば酵素が破壊されにくく、健康・ダイエットにメリットが大きいです。炭水化物はお米を中心に食べること。効果を高めたけれぱ、炭水化物を食べる時と、肉・魚を食べる時を分けると、よりスムーズに消化されて体質改善に役立ちます。

Q:本当に痩せるのかよ

A:疑うことは、特に健康やダイエット情報においては大切です。朝バナナを含めて、例外なく、まずは疑うことをお勧めします。疑うことは決して悪いことではありません。まずは疑って、その疑問を解消するために確認しましょう。「信じる」と言うとキレイなイメージを持っている方が多いですが、いきなり信じて、確認を怠ることは、拡大解釈によって失敗する可能性を高めます。やり方だけでなく、なぜそのやり方なのか、どんなメリットがあるのか、実績はどれだけあるのか、きちんと確認することも大切です。

 

アカルボース(グルコバイ)やスリメックスのご注文はこちら

 - スリメックス