ダイエット薬シブトラミン在庫あり!通販・個人輸入代行

エイビスドラッグ の公式ホームページ ダイエット薬シブトラミン・メトホルミン・ゼニカルの個人輸入代行業者です。AGA(男性型脱毛症)治療薬のフィンペシアやミノキシジルタブレット ・ED治療薬・ダイエット薬など海外医薬品の通販・販売ならお任せください。

あぶないダイエットの見極め方

      2016/01/17

あぶないダイエットの見極め方

毎日のようにメディアをにぎわせているダイエット法の中には、驚くような効果をうた
っているものがあります。テレビや雑誌などのダイエット特集には、どうしてもインパク
トが必要だからでしょう。多くの人を惹きつけるために、「週に三キログラムやせる!」
「いくら食べても肥らない?」といった衝撃的なコピーをつけて広告をうちます。新しい
ダイエット法が次々と生まれ、ダイエット法は百花繚乱、ダイエット産業は巨大化する
一方となっています。
しかし、医学的に見てこれらの民間ダイエット法に、確実にやせられて減量した体重を
維持できる方法はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。実際には、やせないか
身体に大きな負担をかける副作用のあるものが多いと思われます。こうした危険な、もし
くは効果のないダイエット法は、キャッチコピーで見極められるものもあります。
●「リバウンドがない」と言い切るもの
(そのようなダイエット法はありえません)
●一か月でニキロを超えて減量できるもの。短期間に体重の10%以上減量でき
るというもの
(健康上問題なくやせるためには、一か月ニキログラムが限度です)
●何かを食べたり飲んだりするだけでやせられるというもの
(非常に栄養が偏るか、薬品による副作用を利用したものと考えられます)
これまで、多くの研究者が数々の民間ダイエット法を検証してきました。医療の現場で
利用できるものがあれば取り入れたいところですが、残念ながら効果がないものが多く、
副作用を起こす危険性のあるものも非常に多いのです。

ご飯を減らすと逆に肥る〜炭水化物抜きダイエット
昔から一部のスポーツ選手の間では、炭水化物を制限する減量法が行なわれてきまし
た。現在の日本でも、「炭水化物はダイエットの敵」という考え方はかなり広く浸透して
いるようです。しかし、体を犠牲にしても短期間で減量する必要があるスポーツ選手では
ないふつうの人が、炭水化物を抜くことにどんなメリットがあるのでしょうか?
昭和三0年代から四0年代にかけて、日本人は総カロリーの七0%を米(炭水
化物)で摂っていました。当時は、糖尿病や肥満の人が非常に少なく、のちに平均寿命が
世界一となる礎を築いたといえます。現在も日本では、肥満による糖尿病治療や肥満治
療のためには、炭水化物を総カロリーの五五%から六0%程度を摂るこ
とが推奨されています。
このような日本人の長寿と健康を見習おうと、欧米でも日本人のように炭水化物の割合
を増やす試みがなされてきました。しかし人種による体質の違いから、なかなかうまく行
かなかったようです。炭水化物中心の食事に向いているのは長年農耕民族として作られて
きた日本人特有の体質で、狩猟民族の欧米人の体質とは違うということでしょう。にもかかわらず、この五0年で日本人は欧米型の脂質の高い食事を摂取するようになってしまい
ました。もし、一日に必要なカロリーを、炭水化物抜きで摂るとしたら、どうなるでしょ
う? たんぱく質と脂質を増やすしかありません。しかし、たんぱく質の過剰摂取は、た
だでさえダイエット中には欠乏しがちなカルシウムを低下させます。脂質は総摂取カロリ
ーの20から三0パーセント以上にすると肥満するという報告が多く、これも増やすわけ
にはいきません。やはり、炭水化物は日本人に欠かせない主食なのです。
もう一つ重大なことは、脳は糖質のみを予予ルギー源としているということです。炭水
化物摂取を減らすことは、脳の機能を低下させる行為にもなってしまいます。
病気でもないのに多くの食品の摂取を制限することは、栄養素の欠乏を招きやすく、長期間継続できるものではありません。それが主食なら
なおさらです。私たち日本人の主食であるご飯は、繊維質が含まれた複合糖質で、日本人
のダイエットには最適な食品です。
近年では、特に若い女性の食物繊維摂取量が低下しています。これも米を中心とした和
食の摂取が少なくなっているためと考えられます。このため、便秘を訴える方も増加して
います。ご飯は単なる糖質ではなく食物繊維を含んだ複合糖質です。日本人の体質に最も
適したご飯中心の食事を心がけましょう。

食事抜きは肥満のもと〜朝食抜きダイエット
朝食を水分と少しの糖分だけにして、あとの食事は好きなだけ食べてよいという「朝食
抜きダイエット」が流行したことがありました。朝食を抜くと一日の総摂取カロリーが1食分減っただけ減量できるという理論です。忙しさや夜更かしのため朝食を抜く人が増え
ている昨今、このような方法の流行は、さらに朝食の欠食を助長すると懸念されます。
タ食が前夜の九時、朝食は抜いて昼食がコー時だとすると一五時間もの長い間、何も食
べないことになります。それほどの長時間ほとんど何も胃に入れていないと血糖値は下が
り、体温は上がらず、頭も体もフラフラの状態となります。認知能力も低下します。朝食
を欠食すると必要カロリーの比重は自然と昼食と夕食にかかってきます。同じ量を食べた
としても、一日三回均等に食べるよりも体脂肪をたくわえやすくなります。
朝食抜きダイエットには、「夕食は好きなものをお腹いっぱい食べてよい」とされてい
るものも多く、一日の摂取カロリーの多くを夕食で摂ることになってしまいます。暗くな
ってからの食事は昼間よりも胃腸管からの吸収効率が非常によくなります。よって、この
時間にたくさん食べることは肥満への道を一直線ということになってしまいます。仮にこのダイエット法でやせられたとしても、やがて来るリバウンドの時期に一日二食
という間隔の開いた食事では、リバウンドに対処しづらくなります。間食という、新たな
生活習慣の乱れを生む可能性もあります。
このような「朝抜いて夜大食い」という食生活を毎日くり返していると、どんどん肥り
やすい身体になる可能性が高くなります。こうした誤った生活習慣を身につけてしまうと
リバウンドにも対処しにくくなります、ご注意ください。

百害あって一利なし〜断食

最近、「プチ○○」という言葉がよく使われています。「プチ整形」や「プチ起業」な
ど、今までチャレンジしづらかったことでも、「プチ」と順につけると、「気軽にできそ
う」という感じが出るからでしょう。さまざまな言葉につけて、書籍などのキャッチコピ
ーとして使われています。
ダイエット界も例外ではありません、「プチ断食」と呼ばれる一連のダイエット法が流
行しています。プチ断食とは、週一目だけ固形物を摂らないという短期的な断食です。断
食という特殊な行為がお手軽なことと認識されるようになりました。忙しい現代人にとっ
て、一日だけ食べ物をロにしないことで日頃の不摂生を解消できる、体がすっきりしたよ
うな感覚になるという部分がうけたようです。
しかし、プチと言えども、断食は健全な食生活ではありえない異常な行動です。食べな
ければやせるのは当たり前ですが、食事を抜くという極端な方法で減らした体重が、強い
リバウンドで元に戻ることは容易に想像できます。それよりも心配なのは、肉体的、精神的な不調を引き起こすことです。「すっきりした
気がする」のは、そのときだけの感覚です。実際には、身体は異常な飢餓状態に追い込ま
れているわけですから、何らかの障害が起こらないほうが不思議なのです。医学的に断食
は「百害あって一利なし」と考えてよいでしょう。
断食しなくても、きちんとした食事で総摂取カロリーを制限すれば体重は必ず減りま
す。リバウンドが来たときに、断食でしか対処できずに長い一生を送っていけるでしょう
か? 極端な行動をくり返すよりも、生活習慣を身につけることの大切さを理解することが近道なのです。

食事のかわりに食べればやせる?〜ダイエット食品(1)
食事のかわりに摂ることでやせられるという、ダイエット用補助食品の広告を見たこと
がある方も多いと思います。一日のうち一食や二食をジュースやスープなどにかえること
でやせられるというものが多いようです。これらは低カロリーで、ビタミソ類などの栄養
素が添加されています。食事のかわりにこの食品を摂れば、「カロリーはカットでき、必
要な栄養は十分摂取できる」という決まり文句が、高額にもかかわらず支持を集めている
要因でしょう。
このようなダイエット食品の広告には、短期間で大幅に減量したという体験談がつきも
のです。それをみると、かなり低カロリーで減量したことがわかります。三回の食事をす
べて補助食品にかえて、一日六00キロカロリーを切る方法もあります。
一般に、一日六00キロカロリー以下にするダイエットを、超低カロリーダイエット、
VLCD(very Low Calorie Diet)といいます。VLCDは、医療の現場で取り入れら
れています。ただし、早急に減量しなければ重大な疾患の危険性があるという肥満患者さ
んにのみ施すもので、医師の監視下もしくは入院して行ないます。これを個人で行なうことは危険です。
かつてアメリカで、「液体プロテイン」という、ダイエット用のプロテイン飲料だけを
飲み続けるダイエット法が流行したことがあります。モの方法で減量した人のうち、心臓
発作などで六0人以上の死亡者が出るという衝撃的な事件がありました。
食事のかわりに非常に低いカロリーのダイエット食品を食べて短期間でやせられる方法
とは、まさにVLCDそのものです。一般的に一日1000キロカロリー以下のダイエッ
トは、個人で行なうべきではないと考えてください。
低カロリー食により急激にやせても、リバウンドにより元の体重に戻る可能性が非常に
高いこともわかっています。肥ったら低カロリー食にして、やせたらリバウンドして……
とくり返すうちに、どんどん肥りやすい身体になることは前に説明したとおりです。
食事の代用とするダイエット食品は、「必要な栄養成分は含まれている」としながらも、
現実的には決してそれだけで十分ではありません。

甘い言葉にだまされないで〜ダイエット食品(2)

東京都が200四年に行なった調査で、健康食品七六点のうち、約八五%にあたる六四点に、不当表示の可能性があると発表されました。対象となった商品は、薬局や
デパートなどの店頭、もしくは通信販売で、ごくふつうに入手できるものばかりです。き
ちんとしたメーカーによる正しい表示の製品も、もちろん多くあるのですが、全体の約ハ五%が偽りの効果をうたっていたのです。残念ながら、これが健康食品業界の実
態でしょう。
ダイエット関連の商品も例外ではありません。最近話題になったのが、「食べた後で飲
めば、脂肪を包んでしまうので、カロリーがカットできる」という商品です。コップの中
で脂肪をコロイド状に固めるという実演をテレビ・マーシャルにし、大ヒット商品となっ
たのでご存知の方も多いのではないでしょうか。しかしこれは、人間の体内で実演と同様
に働くことはありません。ビーカー内でこの食品によって脂肪が固まったから、体内で同
様にカロリーが吸収されないということは理論的にはありえません。これを「飲むだけで
やせる」と表示すると不当表示になります。わずかな効果をさも大きな変化をもたらすもののように誇張した表現も見受けられま
す。唐辛子の成分であるカプサイシソは、たしかに代謝を促進する作用がありますが、そ
れだけで「体重が減る」というほどの効果があるとはいえません。しかし、カプサイシソ
が含まれているだけで、「飲めばやせる」「脂肪を燃焼する」といった表現を使っている商
品があれば不当表示に当たります。
多くの方は、「今の生活を何も変えなくてよい」という方法に弱いと思います。「ただ飲
むだけで」「食べるだけで」という方法でやせるとすれば、たしかにこれほど楽な方法は
ありません。しかし、今肥っている原因は「何かを口にしたから」ということの結果で
す。にもかかわらず、また何か口に入れることで解決しようとすることはまちがっていな
いでしょうか。口に入れて肥った結果を、また口に入れただけで治そうという考え方がう
まくいくとは思えません。こうした考え方も正さなければダイエットの成功は非常に難し
いものになります。
「今までの生活を変えずに飲むだけで副作用もなく体重が減少する」というダイエット食
品ができれば、ノーベル賞ものの発見といっていいでしょう。

広告の魔力を見破ろう〜ダイエット食品(3)
医師からみるとまったく論外のダイエット食品に多くの人が殺到するのですから、広告
というものの威力に嘆息せずにはいられません。広告の中でその食品の効果を語っている
人の中に医師・薬剤師・栄養士・大学教授といった人々が見受けられるケースがときどき
あります。
成分の内容を話したビデオなどの一部分だけが使われる例も多いようですが、結果的
に、もしくは故意に、医学的におかしなダイエット食品の推奨をしている自分たちの発言
の影響力を考えていただきたいと思います。ダイエット食品で、「やせられなかった」と
いうだけならまだお金の無駄だけで済みます。しかし、心身ともに大きな障害を起こすケ
ースもあります。倫理観を持って仕事を選んでいただきたいと切に思います。
それと同じくらいの威力を発揮するのが広告につきものの体験談です。テレビなどで
は、「この商品はこういう成分があります」という説明のあとに、一般の人(?)が登場
し、「私は、このダイエット法でこんなにやせました!」とうれしそうに語ります。それ
を見ると、「自分もこれでやせられるのでは・・・」と気持ちが高まるでしょう。しかし、画面の端に「効果には個人差があります」「個人の感想です」「愛用者の感想です」とテロ
ップが入っていませんか?
科学的根拠を提示できない効能、効果の表示は違法となるために、こうしたテロップを
入れているのです。悪質なものには公正取引委員会が排除勧告を行なうことになってい
て、すでに実際に施行されています。「効果がある」とうたうからには科学的根拠を提示
することが必要となりますが、「個人の感想」なら、何を言っても問題ないのです。遂に
いうとこうしたテロップが出れば、データとして挙げられるような効果がない物の証明と
言ってよいでしょう。
このような個人の感想は、統計的、医学的にはなんら意味を持ちません。
ダイエット産業のこの現状は、今のところ改善されそうにありません。消費者の知識と
自己責任が問われる時代ということでしょうか。

極端な食事の弊害とは〜単品ダイエット

日本では、一つの食品を集中的に食べてやせるというダイエット法が流行しやすいよう
です。りんごやゆで卵、ヨーグルトやこんにゃくなど、さまざまな単品ダイエットが巷を
にぎわせています。これらは簡単な方法で短期間に減量できることから、チャレンジする
人があとを絶ちません。
食べただけでやせられる効果がある食品はありません。単品ダイエットとは、単純にそ
れ以外の物を口にしないことによって低カロリーダイエットになるだけのダイエット法で
す。ゆでたまごやりんごだけしか食べなければ、摂取カロリーは非常に低くなり、短い期
間でやせられるでしょう。しかし、そのような方法でのダイエットは栄養素の欠乏が著し
く、体調を崩したり神経障害で入院したりする人までもいるのが現状です。これは、超低
カロリーダイエットとまったく同じですし、強いリバウンドも想定されます。
単品ダイエットなどによる栄養障害は、貧血・脱毛・肌荒れ・むくみなどを引き起こす
場合もあります。
身体によい栄養素は天然の食材の中に数限りなくあります。通常これらは、多くの食品を摂ることによって自然と体に入ってくるものです。ダイエット中は摂取食品の品目数が
減りがちです。食べる品目数を努めて増やす努力が必要です。
最近では、「ビタミソ類のサプリメントを摂っているから大丈夫」と思う人も多いと思
われます。しかし、ビタミンをサプリメントで数種類だけ摂取しても、必要な栄養素はピ
タミソだけでなく星の数ほどあります。それらひとつひとつを全部、サプリメントで摂る
とするといったい何種類になるのでしょう? 数多くの栄養素を一度に摂取できるものは
食品しかありません。
単品ダイエットは、今後もネットなどを介して流行する気配がありますので注意が必要です。

生まれつきの体型は変えられない〜部分やせ

ダイエットについての質問で非常に多いのは、「部分やせ」についてです。もともと、
女性は腰からももにかけて、男性はおへそのまわりが肥りやすくなっています。女性は皮
下脂肪が、男性は内臓脂肪がつきやすいためです。BMIは正常で減量する必要はないと
いう人が、「お腹だけ、脚だけやせる方法はないか」と質問してくる例が多く見受けられます。
このように、大変多くの人が悩んでいるにもかかわらず、残念ながら現在「部分やせ」
は難しいというしかありません。部分やせは実証できない方法がほとんどで、理論的に不
可能といわざるを得ません。
腹筋運動など局部的な運動が有効だという話を聞きます。たしかにその部分だけエクサ
サイズすれば、筋肉によって引き締まることはあります。しかし、これでその部分だけの
体脂肪が減ることはありません。
遂に、「筋肉肥りを解消するために、運動をやめるべき?」という質問もあります。た
しかに、筋肉が衰えると細くなります。脚を骨折してギプスをはめていると、片脚だけがやせ細ってしまうのはそのためです。しかし、筋肉を落とせば、基礎代謝も低下します。
運動を休めば、その部分の体脂肪率は上がってしまうでしょう。
部分的な運動をするよりも、全身的な運動をして全体の体脂肪率を下げ、均整のとれた
引き締まった体つきにすることが部分やせに一番近い方法なのです。部分的に筋肉をつけ
るための運動は部分やせとは別に考えるべきでしょう。ただし、ダイエットをすると脂肪
細胞の種類の関係で、お腹まわりから先にやせてくる傾向にあります。これは、せめても
の救いといえるのではないでしょうか。
体型は生まれ持った遺伝子で決まるものです。それを自分の意思で部分的に変化させる
ことは不可能です。特にBMIが正常の人は部分やせにこだわらず、自分の生まれつきの
体型を受け入れ、運動によって健康的な引き締まった体を得たほうが幸せなのではないで
しょうか。残念ながら、自分とかけはなれた別人の体型にはなれません。体型を変えられ
ないことで悩むより、あなたならではの個性を生かしたほうがきっと人の目には魅力的に映るはずです。

「つけるだけでやせられる」の嘘〜ダイエット関連グッズ

テレビショッピングで、電気刺激による筋肉増強ベルトが紹介され、大流行したことは
記憶に新しいところです。お腹に巻きつけるだけで低周波電流により刺激が与えられ、運
動するのと同じように筋肉がつき脂肪が燃焼するという商品です。お腹のぜい肉が気にな
る人は多く、着けるだけでウエストが引き締まるという能書きのこの商品は、またたく間
に大ヒット商品となりました。
しかし、これらの機器に運動と同じ効果があるとは考えられません。一時的にウエスト
サイズが低下する場合があるのは、低周波や超音波などの刺激によって部分的に脱水が起
こったり、筋肉が一時的に引き締まったりしただけで、実際に細くなったものではありま
せん。当然、一時的なものですからすぐに元どおりになるでしょう。
低周波そのものは病院をはじめ鍼灸院や接骨院などで肩こり、関節痛などの治療に利
用されています。しかしこれだけで体脂肪を減少させる作用があると正確に実証したデー
タはないといってよく、これは超音波も同様です。米国連邦取引委員会では、このような
商品を製造する会社に対して、「脂肪を減らしウエストが細くなる」「腹筋運動などと同等の効果がある」といった広告文は違法であると警告しています。
このような通電式のベルトのある商品によって、やけどなどの皮膚障害が起きた例も報
告されています。ダイエット効果がないうえに危険性があることは問題です。
「塗るだけでやせられる」というジェル類も大ヒットしました。これも理論的にやせる効
果は証明されていません。細くなったように見えるとすれば、ジェルを使用したマッサー
ジによる部分的な脱水や、一時的に筋肉が引き締まったためです。エステティックサロソ
などのマッサージによる痩身も同様です。塗ったり揉んだり、皮膚に刺激を与えて脂肪が
燃焼するということはないと思われます。
今のままの食事や生活を変えたくない、食事制限や運動をしたくない人が、これらのダ
イエットグッズを使用する傾向にあります。しかし、ただ「着けるだけ」「塗るだけ」で
やせられるという夢のようなグッズがあれば、病院の肥満外来など存在しないはずです。
このような体の外側からの作用で簡単にやせる方法は、現時点ではないというしかありません。

インターネットの功罪〜国立病院ダイエット
今は、一般の人が情報を発信できるインターネットに人気が集まっている時代です。し
かし、誰でも自由に出入りできるこのメディアは、時としてまったく根も葉もないでたら
めな情報が真実のごとく流布される場でもあります。
このようなインターネットを中心に広まったのが「国立病院ダイエット」です。これ
は、二週間決められたメニューを食べることで減量できるという方法です。デソマーク国
立病院発案であるとか、前身のゆで卵ダイエットは米国のメイヨークリェック(Mayo
Clinic)で開発されたなどといわれますが、どちらもまったくのデタラメです。内容は、
たくさんの人に改造されながら広まっていったようです。それが、「国立病院」などとい
うもっともらしい名前のために人気を得てしまったと思われます。
さまざまにアレンジされたものが流布しているようですが、要約すると以下のようなメニューになっています。
朝食 ゆで卵一個、グレープフルーツー個、トーストー枚、コーヒー
昼食 ゆで卵一個、グレープフルーツー個、ときどきトーストー枚、コーヒー
タ食 ゆで卵一個、野菜、ときどき肉、コーヒー

以前流行したゆで卵ダイエットとほぼ同じ内容です。栄養も摂取カロリーも不足した、
危険なダイエットといわざるをえません。体質がやせやすく変わるという能書きですが、
こうした反応はありえません。こうしたビタミンやミネラル、その他の栄養素が欠乏する
食事が、神経障害、筋力低下による歩行不能、無月経、うつ病などを引き起こしたという
例は枚挙にいとまがありません。
インターネット上には、実にさまざまなダイエット法が氾濫しています。まったく科学
的根拠がない方法を、さも本当らしくすすめているサイトもよく見かけます。正しい情報
と正しくない情報の選別は難しく、注意を要します。

生命をおびやかす「やせ薬」〜ダイエット用サプリメント(1)
200二年、中国製のダイエット茶の服用で劇症肝炎を発症し、死亡者まで出た事件が
大きな話題となりました。フェソフルラミソという薬品が含まれていたことが原因とされ
たのですが、これはかつて米国内などで抗うつ剤として使われ、肺高血圧症や弁膜症によ
る死亡を誘発するとして発売禁止となったものです。そのような危険な商品が日本で流通
していることにショックを受けた人は多いでしょう。しかし、この件はたまたま注目され
大きく報道されただけで、減量効果のある薬によるニュースになっていない健康障害が非
常に多く報告されているのです。
「サプリメント」や「健康食品」というと、「食品」という分類になるので、体には安全
というイメージがあるかもしれません。しかし、「ダイエットサプリメント」と称しなが
らも、実際には「薬品」を混入している例がよく見られます。それらには、たしかに食欲
抑制作用や代謝を促進する作用があり、食事を制限しなくても運動をしなくても減量でき
ます。しかし、同時に重大な副作用を覚悟しなくてはなりません。
その代表といえるのがエフェドリンです。エフェドリンは、麻黄という漢方生薬の成分です。ダイエット効果が高いため、多くのダイエットサプリメントに配合されて販売され
てきました。しかし、これには血管収縮作用や心臓への促進作用があるため、狭心症や
心筋梗塞を誘発し死に至ったという例が米国では多数報告されているのです。200四年
にやっと米国では販売禁止になりました。商品名は「エフェドラ」です。日本薬局方でも、エフェドリンは「劇薬」と指定されています。

事故が起きてからでは遅すぎる〜ダイエット用サプリメント(2)
日本では、強い副作用のある減量薬を健康食品に混入して販売することを禁止していま
す。にもかかわらず、禁止されているはずの外国製ダイエットサプリメントが市場に流通
しているのはなぜでしょう?
一つには、国内でサプリメントによる事故が表面化しにくいことも要因と思われます。
日本では、医師にかかるときに自分の使用しているサプリメントを申告する人は決して多
くありません。内緒にしたい人が多く、家族でさえもその人がどんなサプリメントを摂っ
ているか知らない場合が多くなっています。そのため、たとえそれが原因で病気になった
としても、因果関係を特定できないか、原因がわからないというケースも多いのです。こ
のことも、危険なサプリメントに対する認知を遅らせている理由の一つです。日本での健
康食品に対する規制も、今後、よりいっそうきびしく対応されて行くことを国に期待したいと思います。

まとめ〜まちがいだらけのダイエット法とは

さまざまなダイエット法について検証してきましたが、いかがでしたでしょうか? あ
れもこれもダメだとばかり言っているようですが、本当に簡単に確実にやせられるダイエ
ット法があれば、医師が臨床に率先して取り入れているでしょう。民間療法と言われるも
のも、多くの研究者が研究し報告しています。しかし効果がないものが多いうえ、危険な
方法や製品までもが広く世界中に出回っているのが現状です。
まとめとして、まちがったダイエット法のポイソトを挙げます。
●食べたり飲んだりしてやせられる方法
ただ食べたり飲んだりするだけでやせられることはないと考えてください。今までと同
じ生活、食事で短期間に何キロもやせられるダイエット食品は、副作用がある薬によるも
のが非常に多く、身体に危険をともなう可能性があります。
●制限品目が多かったり、補助食品を多く使用したりする方法
栄養バランスの偏りが問題となります。補助食品は、経済的にも続けにくく、こうした
非日常的な食生活習慣は長期継続できるものではありません。子供をはじめ家族で食卓を
囲むとき、あなただけみんなと違う代用食品を食べることを一生続けるのは無理がありま
す。
●非常に小さな作用を、あたかも大きな効果のように錯覚させる方法
機器を着けたり、唐辛子が入っているだけで「やせられる」という商品などのことで
す。脂肪燃焼作用があったとしても、体重が減少するほどの効果はありません。にがり、
ギムネマ、焼き梅干し、カプサイシンなど、いずれも食べて体重が減ることはありませ
ん。ダイエツト法として行なわれている勝の洗浄や決勝も同様です。大腸をきれいにして
も、カロリーはすでに小腸で吸収されてしまっています。
たくさんのダイエット法が、これからも生まれては消えていくでしょう。しかしごく当
たり前の日本人らしい正しい生活をつづけることが最良の方法です。できることから一つ
一つ改善する努力そのものがダイエットの王道です。

肥りやすい食べ物ナンバーワンとは?
男性肥満者の人間ドック受診者に対して、生活習慣や嗜好との関連性を調べた調査報告をご紹介します。
対象者は、次の三パターンに分類されています。
1 内臓脂肪が蓄積していて、肥満している人
2 内臓脂肪が蓄積しているが、体型的には肥満ではない人
3 内臓脂肪は蓄積していないが、肥満している人
それぞれのグループごとに、生活習慣に関するさまざまな項目で、あ
てはまるものを集計しています。
?のグループで突出して多かったのは、「アイスクリームを好む」「一
回の食事時間が三0分以上」です。次いで、「自動車で通勤する」「喫煙
する」「食事は満足するまで食べる」となっています。
2のグループでは、「緑黄色野菜が嫌い」がトップで、あと「食事が
満足するまで食べる」「アイスクリームを好む」と続きます。
3のグループは、内臓脂肪の蓄積が少なく、他のグループにくらべて
「日常やや重い、重労作」をする割合が高く、「徒歩・自転車通勤」の人
が多いことが特徴です。しかし、ここでの第一位はまた「アイスクリームを好む」でした。
何と、三パターンすべての上位三位内に、「アイスクリームを好む」
が入っていました。アイスクリームは、乳脂肪分と糖分が豊富に含まれ
ているため、肥りやすいことは明らかです。しかし、これほど多くの肥
満傾向の人に愛されていることに驚かせられます。夏になるとアイスク
リームを食べる機会も増えます。こうした食習慣の改善ができれば、ま
た健康的なダイエットに一歩前進と言えるかもしれません。

ダイエットブームヘの警鐘

ダイエットを志す目的には、大きく分けて二つの理由があります。
1.肥満症やそれに近い肥満により、生活習慣病などの健康障害が危惧されるため
2.思い描く理想体型と自分の体型とのギャップを埋めるため
医師の立場からいうと、前者にあてはまる人がダイエットを行なうことには大賛成で
す。近年増えているBMI二五以上の人は、高脂血症、高血圧や心臓病などの重大な生活
習慣病を起こす危険性が高いからです。しかしダイエット法が間違っていると、生活習慣
病の危険性が高くなることがあります。リバウンドをくり返して遂に肥ってしまっては、
ますます健康から遠ざかりますし、もともと持っている疾患を間違ったダイエットで悪化
させる例もあります。特にBMI三0以上の人は、減量は慎重に、できれば医師をパートナーとして取り組むほうがよいでしょう。
一方、後者の美容目的のダイエットは若い女性が中心です。本当に肥満している人なら、どんな目的にせよダイエットは必要です。しかし肥っていない人が、モデルやタレン
トの体型を目指してダイエットする風潮には賛成できません。モデルや女優のBMIは18から19と言われ、医学的にはやせすぎの部類に入ります。今のダイエットブームは、
こうしたやせすぎの体型へのあこがれが根底にありそうです。極端なダイエットによりや
せすぎてしまい、激しく健康を害してしまうという例は枚挙にいとまがありません。過剰
な減量やリバウンドをくり返し、精神的にも肉体的にもポロポロな状態になってしまう人
も決して少なくないのです。
一時的に、やせさえすれば、その他のことはどうでもいいのでしょうか? 女性は特
に、将来の妊娠や出産も含めて取り返しのつかないダメージを受けることがあります。せ
っかくの健康な体と心を、ダイエットによってわざわざ不健康にしないよう十分注意しなくてはいけません。
「ダイエットをしないほうがよかった」という結果を招かないためには、ダイエット法を間違えないことが何よりも大切です。

1か月2キロ以上の減量はタブー〜無月経
医学的には体重の10%を急激に減量すると、無月経になりやすいといわれて
います。しかも「急激に」と言われる期間は三か月から十二か月以内です。10%とは、50キログラムの人なら5キログラムですから、「たったそれだけで?」と思わ
れるかもしれません。巷に出回っているダイエット法には、たとえば「一週間で5キログ
ラムやせられる」というような、短期間で大幅な減量をすすめるものがよくあるからでし
ょう。こうした急激なダイエットをして、生理が止まったという経験のある人は少なくあ
りません。それだけに、「生理が止まるくらい、よくある話」と軽く受け止めてはいませ
んか?
無月経の程度には二段階あります。第一度無月経は、黄体ホルモンの投与だけで生理が
再開するもの。第二度無月経は、より治りにくく、黄体ホルモンと卵胞ホルモンによる治
療が必要になります。
ダイエットによる無月経は、視床下部性の防御反応といわれています。急激なダイエッ
トは身体を飢餓状態に陥らせるので、妊娠を不可能にして母体は生命維持をはかると言われています。このような視床下部の異常による無月経は、治りにくいケースが非常に多く
見られます。
月経とは、妊娠という女性の将来にかかおる機能のバロメーターです。ただ一時、スマ
ートな容姿になるために払う代償が一生の問題になるかもしれないのです。
急激なダイエットを行なって、もし無月経になった場合は産婦人科の診察を受けること
をおすすめします。
こうしたダイエットによる無月経の治療は第一に正しい食事をして体重を増やすことが
必要になります。ダイエットによる無月経の患者さんには「減った体重はそのままで治し
てください」という方が多いのですが、健康な身体を取り戻す道のりには不可欠な方法で
す。体重増加を受け入れる気持ちが必要だと考えてください。
肥満学会や他の医学会でも、一か月にニキロ以上の減量をすすめていません。それは、
リバウンドを和らげることもさることながら、このような身体の異常を起こさないためで
す。少しでも早く理想の体型に近づきたいという気持ちはわかりますが、そのために大き
な代償を払うことにならないよう、自分で行なうダイエットでは減量は一か月に2キログ
ラムまでにしておくべきでしょう。

「サラダだけ」では鉄分不足〜貧血

ダイエット中に貧血になる女性は少なくありません。このような貧血状態では、鉄分の
不足により身体が酸素不足に陥ります。身体に酸素を運ぶためには、鉄が赤血球と結合す
ることが必要だからです。低カロリーな野菜や海藻ばかり食べるダイエット法は若い女性
に多く見られますが、鉄分不足に陥る心配があります。女性は生理のため血液を失うた
め、もともと貧血になりやすいのでなおさらです。
貧血ぎみの女性は、鉄分が豊富だからとほうれん草を一生懸命食べる人も多いのではな
いでしょうか。しかし、それだけでは貧血はなかなか改善されません。
野菜や海藻などに含まれるのは、「非ヘム鉄」です。非ヘム鉄は身体に吸収されにくい
ものです。よって、魚や肉などのたんぱく質と一緒に摂取しないと有効な鉄として利用さ
れにくいので、こうした食品も一緒に食べることが必要です。カロリーが比較的高いため
に動物性の食品の摂取を避けていると、鉄は有効に吸収できないのです。レバーやヒレ肉
などの動物性食品に多く含まれる「ヘム鉄」は、そのまま吸収されて鉄として貧血を改善します。また、野菜や海藻には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は体にょいと考え
て、多すぎるほど食べてはいませんか? 食物繊維を過剰に摂
取すると、鉄分やカルシウム、その他多くの栄養素の吸収を阻害するのです。「ダイエッ
ト中はほとんどサラダだけ」という食事をしていると、貧血になりやすいばかりか他の多
くの栄養素の欠乏を招きます。やはり、いろいろな食品をまんべんなく食べることが、健
康的なダイエットの秘訣だと心得てください。
手軽に貧血がわかる方法があります。「あっかんべー」をして、下まぶたの裏を見ます。
異常がなければ真っ赤なはずですが、貧血の疑いがある人は白っぽく見えます。さらに、
疲れやすく息切れがするという症状があれば、一度検査を受けてみたほうがよいでしょ
う。ちなみに、立ちくらみがすることをよく「貧血だ」といいますが、これは本当の貧血
とはかぎりません。貧血とは血液中のヘモダロビンという物質が減って体に酸素が十分運
搬できなくなった状態を言います。
貧血もひどくなると食事だけでは治らず、鉄剤の服用が必要になります。このようなこ
とを防ぐために、ダイエット中はヘム鉄の豊富な食品を積極的に取り入れるようにしましょう。

カルシウムを摂れば解決……?〜骨粗鬆症
ここ10年間で、大腿骨頚部(太ももの付け根部分の骨)を骨折する人は五万人から九
万人に急増しています。これは「骨粗鬆症」という、骨から骨塩が抜けてしまう病気の人
が増えたからです。骨粗鬆症は一九九六年には1000万人、2001年には1200万
人というように増加の一途をたどっています。この状況は、今後も続くことが予想されて
います。寝たきりの人の最も多い原因は骨粗鬆症による大腿骨頚部骨折です。
骨密度は、10代後半がピークで、年齢とともに減少していきます。特に女性は閉径
後、骨の骨塩が抜けやすくなります。にもかかわらず、一番大切な時期に骨密度を少なく
するような行動をしている女性が増えています。
若い女性、特に成長期の女性がたった一度でも、急激にあるいは過度にダイエットする
と、将来骨粗鬆症になる確率が非常に高くなります。極端なダイエットをして、20代前
半という若さで骨粗鬆症になった例も報告されています。現代の若い女性の「やせ願望」
は、将来の骨粗鬆症、ひいては大腿骨頚部骨折による寝たきりの人をさらに増加させると推測されています。では単にカルシウムを摂ればよいかというと、それだけでは不十分です。現在の日本人
の摂取量は、昔にくらべて多少減っているものの、思ったほど不足していません。実はカ
ルシウムはそれだけでは骨に吸収されにくいものなのです。
吸収率をアップするには、カルシウムとともにマグネシウムを摂取することが必要なの
です。このマグネシウムが現代の日本人は必要摂取量の半分しか摂取されていないと言わ
れています。カルシウムの過剰な摂取は心筋梗塞などを起こしやすくなります。マグネシ
ウムを適度に摂るとこれも予防してくれますし、マグネシウムが不足すると他人に攻撃的
になったりイライラしたり精神的にキレやすくなったりすることがわかっています。一時流行したにがりにはマグネシウムは多く含まれていま
すが、減量にはまったく効果はありません。
カルシウムとマグネシウムをバラソスよく摂るために、イワシ、サバなどの青魚は特に
おすすめです。お豆腐、納豆、のりなどの和食もおすすめです。骨粗鬆症急増の背景に
は、日本人の和食離れがありそうです。カルシウムとマグネシウムを効率よく摂るなら、
伝統的な和食のほうが西洋食よりすぐれているといえるでしょう。
ダイエットに最適な和食をしっかり食べ、元気な骨と健康な体と健康な心を保ってください。

便秘薬に頼るのは大まちがい

便秘といえば女性の大敵ですが、ダイエットをするとさらに悩まされるという人は多い
はずです。それというのも、ダイエット中は口から物を入れることを控えがちですから、
胃腸管の反射が活発にならず、便意が起こりにくいのです。また、便秘は、過敏性大腸症
候群などのストレスにより引き起こされる病気の場合もあります。ダイエットにストレス
を感じていると、ますます便秘が深刻になってしまう場合もあるのです。
改善のためには、まず三食を規則正しく食べること。特に朝食を食べると胃腸管の反射
が活発になりますので朝食を技いてはいけません。また、減量のためにと水分を控えぎみ
にすることも便秘につながります。カロリーのない水分だけで肥るということは絶対にあ
りません。水分はむしろたっぷりと摂ってください。そして、海藻や野菜類を適度に食
べ、食物繊維を摂りましょう。十分な睡眠をとることも必要です。規則正しい生活、食生
活が大切なのです。
ダイエットのために脂質を制限すると、やはり便秘になりやすくなります。スプーソー
杯のオリーブオイルの摂取は通じをよくすると報告されています。それでもダメなときには、薬に頼らざるをえない場合もあるでしょう。しかし、下剤は
習慣性がありますから、上記のような使用しないで済む方法をまず試してみましょう。生
活習慣を改善して、自然なお通じを目指すのがベストです。
一方、下剤を使ってダイエットするという方法も行なわれています。食べた後、下剤を
飲めばそのカロリーが吸収されないという考え方です。しかし実際は下剤により大腸の使
を排出しても、すでに小腸でエネルギーは吸収されています。よって、根本的に体重が変
化することはないのです。効果があると信じて下剤を常用すると、自力で排出できなくな
るケースもありますので注意が必要です。
また、これらは違法なのですが、ダイエット用健康食品やサプリメソトにセソナという
下剤成分が混入されているものが現在でも販売されているようです。のんで通じがよくな
るとダイエット効果があると思ってしまいます。こうした製品には注意が必要です。

「脂肪分ゼロ」は美容の大敵〜肌荒れ

健康的なダイエットの基本は「正しい食生活」ですが、それは美容のためにも必要なこ
とです。極端な食事制限により栄養が偏ると、女性にとって大切な肌にさまざまなトラブ
ルが発生します。体重を減らしてスタイルがよくなっても、過激なダイエットで肌がカサ
カサになっては美しさも半減です。美しさの条件には、潤った美しい肌も必須と思いま
す。
ダイエットでは第一に、脂質が目の敵にされます。徹底的に脂肪分を抜いた食事を摂る
方法もよく見受けられます。しかし、脂質は人間の肌になくてはならないものです。脂質
は肌の表面に潤いを与え、カサカサになるのを防いでくれます。脂質が不足してカサカサ
になった肌は、なかなか治りにくいものです。適度な脂質は美しい肌のためにも、健康の
ためにも必要なものです。脂質だけを抑えるのではなく、バランスを保ち摂取カロリー全
体を低く抑えたダイエットを行なうことが大切です。
脂質のほかにも、肌にはさまざまな栄養素が必要です。

●ビタミンA……乾燥肌・にきび予防に有効
(ブリ・ウナギ・人参・カボチャ・小松菜・ワカメ・マンゴーなど)
●ビタミンB2……画質代謝を促進、健康な皮膚をつくり保護する
(サバ・カレイ・ウナギ・牛レバー・鶏レバー・鶏卵・プロセスチーズなど)
●ビタミンB6……たんぱく質・画質代謝を促進、皮膚を健康に保つ
(レバー・豚肉・青魚・バナナ・さつまいも・アボカド・鮭・鶏胸肉など)
こうして見ると、魚が多いことがわかります。特に青魚はダイエットの強い味方です
が、美肌づくりにも役立つのです。脂の乗ったおいしい青魚なら適度に脂質も摂れ、健康
にも美容にもよい最高の食材といえるのではないでしょうか。ただし、いくら体によくて
も食べ過ぎは肥ります、カロリー計算をお忘れなく。

赤ちゃんのためにしっかり食べよう〜出産後のダイエット
妊娠・出産は、女性にとって大きな役割であるとともに、身体の変化をもたらすもので
す。妊娠中は体重が増加しますが、出産しても思ったほど体重が減りません。妊娠によっ
て肥満した体型を早く元に戻したいと願うお母さんからの相談も、医師には多く寄せられ
ます。
妊娠中は子供のために栄養をつけるためと食べる、家族が体に気をつかって身の回りの
ことをしてくれることによる運動不足、家族が妊婦に栄養のある食品を食べさせる、など
が肥満に拍車をかけます。しかし、肥ってしまった産後のダイエットにも注意が必要で
す。
産後は、骨から骨塩が抜け、骨粗鬆症の状態に近くなっています。他にも、大事業を終
えた身体には数々の大きなダメージが残っています。このような消耗した身体を回復させ
るためには、まず十分な栄養を摂らなくてはいけません。これから長い期間、一時も目を
離せない赤ちゃんと一緒にがんばっていくためにも、体力をつけることを第一に考えるべ
きでしょう。出産後のお母さんが、ダイエットでむやみに食事制限をするのは考えものです。
特に授乳をする人は、ダイエットに慎重にならなくてはいけません。母乳をあげている
人は、あげていない人にくらべて一口約600〜800キロカロリー多く消費していま
す。800キロカロリーと言えば、ファーストフードのハソバーガー三個分くらいに相当
する熱量です。授乳にはそれほど多くのエネルギーが必要なのです。
母乳の栄養は、母体の栄養バランスに左右されると考えられています。赤ちゃんの体重
が標準であっても、栄養的によい発育かどうかはわかりにくいものです。お母さんがしっ
かりとバランスよく食べることが、母乳で育つ赤ちゃんには一番大切なのです。
妊娠中に肥りすぎないことは大切なことです。「赤ちゃんに栄養をつけなくては」とた
くさん食べてしまいがちですが、妊娠中の肥満はさまざまなリスクを引き起こします。産
婦人科学会では、増量は8kgまでを許容範囲としています。食べ過ぎると胎児の
体重も増え、難産などの危険性が増すことが多いようです。胎児をあまり大きくしてもよ
いことはありません。
出産後はバランスの取れた食事を心がけ、こまめに体を動かすようにしましょう。肥ら
ないことは大切ですが、この時期のダイエットは体型よりも「母子ともに健康」を最優先として取り組むことが必要となります。

体も心もむしばむVLCD〜精神的な障害

一九四四年、米国ミネソタで、戦時下の飢餓状況を把握するために実験が行なわれまし
た。この実験は低カロリーダイエットの副作用を知るうえで、大変貴重な資料となってい
るものです。
その内容は、三二人の男性兵士に、半飢餓状態を体験してもらうというものでした。体
重を一年間で二四パーセント落とすことを目標に、一日の摂取カロリーを一五七〇キロカ
ロリーに設定し、週に三六キロメートルの歩行と一目一五時間の事務職か肉体労働を課し
ました。この労働は一日三〇〇〇キロカロリーも消費するほどの労働ですから、大変過酷
なダイエットといえるでしょう。
半年後に、次のような結果が出ました。基礎代謝は四〇八Iセソト減少。筋力は三〇%、心機能と心拍数も減少しました。浮腫・手足の冷え・めまい・皮膚の乾燥・脱
毛。さらに頻尿・持久力の低下・集中力の低下・睾丸の縮小・性的能力の低下などの症状
が見られました。動作は緩慢になり仕事の効率はいちじるしく低下しました。
精神的には、無感動・不機嫌・抑うつ・自己中心的というネガティブな変化が見られ、ジョークは皮肉まじりのものばかりになりました。神経質で攻撃的になり、口論も起こり
やすくなりました。また、「孤独感や虚無感に襲われる」「女性に興味がなくなった」とい
った訴えも聞かれました。
これが行き過ぎた低カロリーダイエットの結果です。身体的にはもちろんのこと、性格
・まで変わってしまうこの結果には誰もが震撼せずにはいられません。実験後、通常の生活
を再開しても、身体の不調やいやな性格が改善されるまでには長期間を要したそうです。
被験者は男性だけでしたが、女性ならまちがいなく無月経も併発したでしょう。男女と
も、このような飢餓状態に陥ると生殖機能は低下するのです。
これが極端な例だと思ってはいけません。巷では、非常に摂取カロリーを抑えたダイエ
ット法が大変多く流布しています。特に一日千キロカロリー以下の超低カロリーダイエッ
ト(VLCD)は、肥満による重大な疾病が差し追っている患者さんのみが医師の監督の
もとで行なうべきものです。個人で行なう超低カロリーのダイエット法にはミネソタの実
験と同様の結末が待っているでしょう。

「肥っている」という思い込みの怖さ〜摂食障害
近年、肥満者は増加していますが、同時に若い女性にはBMI 18・5以下の「やせ」
の人が増えているのです。二〇歳前後の女性の七〇パーセントは、「自分は肥っている」
と思っているというデータがあります。しかし、実際には、その年代の一四パーセントも
の人がBMI 18・5以下の「やせ」なのです。このギャップが「摂食障害」を生む土壌
となっているのかもしれません。
明らかにやせているのに、「肥っている」と思いこんでダイエットしている人たちがい
ます。むしろ肥らなくてはいけないくらいやせすぎていても、体重が増えることは恐怖
で、食べることは罪悪という感覚に陥ります。
人前ではほとんど食事を摂取しなくなったり、一人のときは異常に大量の食べ物を食べ
たりしてしまうことがあります。むちゃくちゃな量の食べ物を胃に収めた後、嘔吐か下剤
などの使用によって排出するなどの症状もあります。親しい男性や友人から「肥ってい
る」と指摘されたことが発症のきっかけになる場合や、ダイエットがきっかけではじまる
ことが多いと言われています。このような症状の摂食障害、神経性食欲不振症は、精神科や心療内科の治療が必要な場
合が多くなります。
摂食障害の増加には、社会的ストレスの増加や、やせた体型のタレソトが多く登場する
テレビや雑誌の影響もあると思われます。「やせていなければダメ」という偏った価値観
の定着は、こうした障害を増やす現代社会の大きな問題といえます。
日本の歴史上やせた女性がもてはやされた時代は過去にはただの一度もありません。
ダイエットを一生懸命行なっている人には、「体重が自分の価値のすべて」といった状
態に陥る場合がよくあります。体重計だけが自分の人生、過食と嘔吐のくり返し、といっ
た状態にまで陥ることは避けなければいけません。摂食障害の気配が少しでもある患者さ
んに、私はこうお話ししています。
「ご自分の理想体型より多少肥っていても、健康的で明るいあなたのほうが、ずっと素敵だと思いますよ」

 - ダイエット